広島東洋の2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

広島東洋のドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・森下暢仁  明治大 投手 180cm75kg 右右

担当スカウト:尾形佳紀

スカウトの評価:即戦力投手。伸びのあるストレートと縦に大きく割れるカーブが特徴。

紹介:最速155キロを記録する質の良いストレートと、タイミングを外すカーブ、チェンジアップが非常に魅力。高校時代もドラフト上位候補と評価され、U18代表入り。大学代表では3年でエース格、4年時にはエースとして3試合に先発し2勝1敗。

2位・宇草孔基 法政大 外野手 185cm83kg 右左

担当スカウト:尾形佳紀

スカウトの評価:走攻守と3拍子揃った大型外野手。パンチ力のある打撃と、スピードが魅力の選手。

紹介:50m5.8秒の俊足があり、常総学院ではセンバツで1試合5盗塁のタイ記録。大学では4年春に4本塁打を打ちベストナイン。神宮球場のバックスクリーン右の看板を超える特大弾も放つ。U18代表、大学代表を経験し、大学代表では不動の1番バッター。

3位・鈴木寛人 霞ヶ浦高 投手 186cm79kg 右右

担当スカウト:尾形佳紀

スカウトの評価:ゆったりとした投球フォームから、力強いストレートと縦のスライダーが魅力のピッチャー。右の本格派の投手で、将来性抜群の投手。

紹介:バランスが良く上背のあるフォームから150キロの速球と、小さく鋭く曲がるスライダーを投げ、低めに投げる制球力もある。3年夏の茨城大会決勝・常磐大高戦では9回1安打無四球完封勝利。

4位・韮澤雄也 花咲徳栄高 内野手 178cm80kg 右左

担当スカウト:尾形佳紀

スカウトの評価:走攻守バランスのとれた選手。安定した守備力と、アベレージヒッターの中距離打者タイプの選手。

紹介:柔らかい打撃で広角にヒットを打ち、センターにコンパクトに鋭くはじき返す事もできる。守備でも基本に忠実なプレーで柔らかく捕球する。U18ではチーム1の10安打を打ちファースト部門でのベストナイン。

5位・石原貴規 天理大 捕手 173cm75kg 右右

担当スカウト:鞘師智也

スカウトの評価:捕手としての能力が高く、スローイング精度は一軍レベル。リーダーシップもあり、将来性のある捕手。

紹介:セカンドまでの送球は1.85秒を記録、正確なスローイングに定評がある。2年秋にベストナイン、4年春に首位打者を獲得し打撃も成長。

6位・玉村昇悟 丹生高 投手 177cm57kg 左左

担当スカウト:高山健一

スカウトの評価:ボールに力があり、チェンジアップが良い投手。

紹介:伸ばしながら大きくテイクバックして投げる球は、回転も良く球速も147キロ。インコースに投げ込める。3年夏は福井工大福井など強豪を下して決勝に進出、敗れたものの42回1/3を投げて52奪三振の大会記録を立てる。

育成1位・持丸泰輝 旭川大高 捕手 177cm80kg 右左

担当スカウト:近藤芳久

スカウトの評価:ミート力があり、身体は大きくないが、パワーがある。打撃力のある捕手。

紹介:3年夏の甲子園で星稜・奥川から1安打、風が無ければホームランの当たりも。

育成2位・木下元秀 敦賀気比高 外野手 183cm83kg 左左

担当スカウト:高山健一

スカウトの評価:広角に打て、力強いスイングができる

紹介:高2までは左腕投手として注目、肩を故障し外野に専念すると、左右に長打を飛ばして注目された。

育成3位・畝章真 香川オリーブガイナーズ 投手 177cm83kg 右両

担当スカウト:白武佳久

スカウトの評価:コントロールの良い投手(サイドスロー)。左打者を抑える球を覚えれば投球の幅が出る。

紹介:サイドハンドの技巧派。父は広島の投手コーチ。


PAGE TOP