中日の2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

中日のドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・石川昂弥 東邦高 内野手 185cm90kg 右右

担当スカウト:清水昭信

スカウトの評価:力感なくスイングができ、インパクトでの力の伝え方が上手い。特に右方向にも打てる技術があり、守備、スローイングは抜群に安定している

紹介:センバツ決勝で2本塁打を打ち、投手としても3安打完封勝利で優勝投手。U18代表では木製バットで不動の4番としてプレーし1本塁打、打率.333を記録。高校通算55本塁打と球速144キロの強肩内野手。

2位・橋本侑樹 大阪商業大 投手 180cm71kg 左左

担当スカウト:山本将通

スカウトの評価:MAX152キロ左腕、出所が見にくいフォームからクロスボールを投げ、スライダー、チェンジアップと投げ分ける本格派左腕

紹介:出所の見づらい腕の振りで、最速149キロの速球に伸びがある。大学2年秋にリーグでMVP、大学4年秋の京産大戦でノーヒットノーランを達成。

3位・岡野祐一郎 東芝 投手 180cm85kg 右右

担当スカウト:小山良男

スカウトの評価:各大会で安定した成績を残す本格派右腕。調子の波がなく、一年間ローテーションを守れる投手

紹介:140キロ後半の速球とカーブ、スライダー、フォークを投げ緩急をつける。制球力とフィールディングの能力も高い。聖光学院、青山学院大、東芝でそれぞれ全国大会出場の経験を持つ。

4位・郡司裕也 慶応義塾大 捕手 180cm86kg 右右

担当スカウト:近藤真市

スカウトの評価:全体をしっかり観察でき、リードもうまくポテンシャル高い、打撃も魅力で打てる捕手。リーダーシップもとれる

紹介:仙台育英時に甲子園に出場し、U18代表入り。慶応大では1年からマスクを被り、4番も打つ。捕手としての豊富な経験と、広角に長打を打つ打撃もある。

5位・岡林勇希 菰野高 投手 177cm74kg 右左

担当スカウト:清水昭信

スカウトの評価:MAX153キロのストレートとスライダーの切れ味が抜群。身体能力抜群で打者としても評価、天性の柔らかさあり

紹介:左手を高く上げるフォームから最速153キロのストレート、多彩な変化球で奪三振率も高い。打撃でも評価が高くチームで4番を打つ。兄の飛翔投手(元広島)に続きプロ入り。

6位・竹内龍臣 札幌創生高 投手 178cm77kg 右左

担当スカウト:八木智哉

スカウトの評価:投げっぷりの良さと、ストレート、変化球ともにバランスのとれた投球が持ち味

紹介:元中日の遠田監督の指導で2年秋に急成長し147キロを記録。球質が良く外角低めに決める制球力もある。3年夏は南北海道大会ベスト8。

育成1位・松田亘哲  名古屋大 投手 176cm80kg 左左

担当スカウト:清水昭信

スカウトの評価:自分で考え、順調に成長してきた頭脳派左腕

紹介:高校ではバレー部、3年夏の甲子園を見て同学年のプレーに魅了され大学から野球部でプレー。148キロのストレートの威力十分。


PAGE TOP