広島がドラフト7位の高木翔斗選手と仮契約、188cmのプロ最長身捕手に

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

広島は、ドラフト7位で指名した高木翔斗選手と、契約金2000万円、年俸450万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

松川選手をライバル視

高木翔斗選手は188cm92kgの大型捕手で、プロ入りすれば球界最長身捕手となる。高校通算20本塁打の打撃と、二塁送球1秒85の強肩で、高校では1年時から注目された。

ドラフト会議では7位での指名となった。3年時に打撃でアピールができなかった事やフットワークなど、細かいところに課題も見られた。それでもポテンシャルは評価されており、千葉ロッテに1位指名された市和歌山の松川虎生選手などと比較された。

その松川選手とは、センバツで対戦しており、サヨナラ負けをしたものの、その時に連絡先を交換した。ドラフト当日はお互いの指名に連絡をし、「プロで頑張ろう」とメッセージを送ったが、「指名順位は自分の方が低いけど、追い越したい」と話した。

大きなポテンシャルを秘めるが、まずは捕手としてフットワークを磨き、打撃も坂倉選手を目指して伸ばしてほしい。ポテンシャルを引き出したい。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

高校通算20本塁打、二塁までの送球タイムが1秒85という強肩強打の捕手は、巨人のエースと親交がある中学時代の監督を通じて激励された。「身長は変わらなかったが、横(幅)がすごく大きくて、(プロ野球選手は)違うなと感じた。(決め球の)スライダーを打ってみたい」と目を輝かせた。

同じく、高校からプロ入りする捕手の存在も励みだ。今春のセンバツでは、いずれもドラフト1位で指名された小園―松川のバッテリーを擁する市和歌山と対戦。サヨナラ負けを喫したが、試合後にトイレで松川とばったり遭遇し、連絡先を交換した。ドラフト当日には「おめでとう」と連絡があり、「プロの舞台で頑張ろう」と返信した。「指名順位は自分の方が低いけど、追い越したい」と力を込める。
広島7位県岐阜商・高木翔斗が仮契約「ビックリするような送球をしたい」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
広島は8日、ドラフト7位指名の県岐阜商・高木翔斗捕手(18)と岐阜市内のホテルで契約金2000万円、年俸450万円で仮契約を結んだ。身長188センチ、体重92… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
球界最長身捕手の広島ドラ7高木 夢は“でっかく”城島バズーカ「ビックリするような送球をしたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島から7位指名を受けた県岐阜商・高木が岐阜市内のホテルで交渉に臨み、契約金2000万円、年俸450万円で仮契約を結んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント