東北楽天ドラフト4位、神村学園の泰勝利投手が入団に合意、後輩・大野投手とプロで大島旋風を

2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、ドラフト4位で指名した泰勝利投手と、契約金3500万円、年俸550万円で合意した。

スポンサーリンク

150キロ左腕

泰勝利投手は、今夏に勢いのある150キロの速球を投げ、高めの真っ直ぐで空振りを奪う圧倒的な投球をみせていた。制球の課題もあるが、将来性抜群の左腕投手。

その泰投手は大島出身で、小学校4年時に神村学園の女子野球部でプレーしていた姉の影響で野球を始めたものの、小学校、中学校に野球部は無く、両親が練習相手をしていた。

泰投手には小学校6年生になる妹がいるが、島内の野球チーム「瀬戸内ファイターズ」に所属するも部員は5人のみとなっている。泰投手は「不自由なく野球ができる環境を作ってあげられれば、人も増えると思う」と契約金でチームに野球道具を贈るという。

その大島からはこの秋、大島高校が九州大会ベスト8まで勝ち上がって、同じく左腕の大野稼頭央投手が146キロの球を投げ、来年のドラフト候補として注目される。今日9日の興南戦で勝利すれば、センバツ出場が当確となるが、「すごく勢いに乗っている。甲子園を決めてくれると思うので、自分も活躍して、島にいいニュースが流れるように頑張りたい」と話した。

140キロ左腕が誕生する大島、来年は大野投手も同じ舞台に立つ事になりそうだ。泰投手と二人で大島旋風を巻き起こしたい。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

腕を振らなきゃいけない理由がある。小学6年の妹美心(みこ)さんは、自身もプレーした少年野球チームの瀬戸内ファイターズに所属も部員は5人のみ。契約金でチームに野球道具を送る予定で「不自由なく野球ができる環境を作ってあげられれば、人も増えると思う」と離島球児の夢を途切れさせない。

奄美大島出身の150キロ左腕。やや緊張した面持ちで会見に臨み、「これで正式に球団の一員となった。自分の行動にしっかりと責任を持って、1つ1つの行動に自覚のある行動をしていきたい」と気を引き締めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント