広島は森雄大投手を急遽単独1位指名

森雄大, 東福岡

 昨日のスカウト会議で、先日のスカウト会議でドラフト1位候補から外した東福岡・森雄大投手を1位指名することを決めた広島、松田元オーナーは松田元オーナーは「決まったよ、決まった。森、森でいこう。それでバシッといこうじゃないか。すっきりした」と話したそうだ。

 元々は、亜大・東浜巨投手、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、花巻東・大谷翔平投手を1位候補としてきたが、大谷投手のメジャー挑戦表明で状況は一変、東浜、藤浪の二人にも指名が集中する事も予想されるようになった。

 また、野村監督は当初即戦力を要望していたものの、「腕の使い方がうまいので素晴らしいボールを投げる。エース級になってくれる左投手が若い年代にいてほしい、という僕の気持ちを伝えた」と話し、将来性のある左腕投手に方針転換した。

 森投手には阪神や福岡ソフトバンク、オリックスなどが外れ1位候補に挙げていたが、それらの球団は外れ1位の方針転換を迫られる。

 

  • 広島東洋のドラフトページ!
  •  

     広島が高校No・1左腕を一本釣りすることを決めた。24日、都内でスカウト会議を開き、東福岡の森雄大投手(18)の1位指名を決めた。当初は他球団と競合覚悟で亜大・東浜の指名が有力視されていたが、左投手が少ないチーム事情を考慮し、単独指名の可能性が高い森に切り替えた。松田元オーナーは「決まったよ、決まった。森、森でいこう。それでバシッといこうじゃないか。すっきりした」と高らかに表明した。

     

     森は甲子園出場経験こそないものの、花巻東・大谷、大阪桐蔭・藤浪らと並び、早くから1位候補に挙げられていた逸材。最速148キロを誇る本格派左腕で、スカウト会議に初参加した野村監督は「腕の使い方がうまいので素晴らしいボールを投げる。エース級になってくれる左投手が若い年代にいてほしい、という僕の気持ちを伝えた」と絶賛した。


PAGE TOP