中日が新人選手の入団発表、選手の評価と戦力アップ分析

中日が2017年のドラフト会議で指名した8選手の入団発表を行った。選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

中日2017年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 鈴木博志 ヤマハ 181cm95kg 右右 10000 1500 46
2 石川翔 青藍泰斗 179cm81kg 右左 6000 700 40
3 高松渡 滝川二 176cm65kg 右左 5000 600 0
4 清水達也 花咲徳栄 182cm83kg 右右 4000 600 50
5 伊藤康祐 中京大中京 174cm75kg 右右 3000 550 49
6 山本拓実 市西宮 167cm71kg 右右 2500 550 59
育1 大蔵彰人 四国IL徳島 190cm88kg 右右 200 300 206
育2 石田健人マルク 龍谷大 184cm83kg 右右 200 300 209

新人選手の特徴

ドラフト1位 鈴木博志投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

今年の投手の中で一番のストレートを投げる投手だと思う。ただし球は高めが多く、良い球と悪い球がはっきりしていて、試合では短いイニングでも失点をしたりもする。その真っすぐにプロのバッターも驚きを見せるだろうが、冷静に対応されると苦しくなりそうで、まずはコントロールの安定と変化球を磨くことになる。それが完成すればリリーフとしてリーグを代表する投手になる。

ドラフト2位 石川翔投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

高校生投手ではNO.1評価。ストレートは150キロを越し、球の角度も低めに伸びる球もある。変化球も鋭い球があり、1年目からやれる可能性は十分ある。しかし、中学、高校とケガが相次いでおり、将来長く続けられるように、まずはケガをしない身体にするために時間をかけたい。

ドラフト3位 高松渡 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆☆

足の速さはスカウトも驚愕するほど。まだ体の線が細くバッティングはバットに当てて走っていくという感じ。しっかりとスイングをした上での打撃ができる力をつけたい。打撃がしっかりできれば、自然と足を見せる場面も増えてくる。どんな足を見せてくれるか期待を込めて3年後に☆4つ。

ドラフト4位 清水達也投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

背筋を使ってヨッコイショという感じで投げる独特なフォームだが、清水はこの真っすぐがあればいいとスカウトが話すほど、ストレートに力がある。甲子園でチームを優勝させるなど、コントロールを含めたピッチングもレベルは高い。下半身を使ったフォームにしていけるか。

ドラフト5位 伊藤康祐 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

U18代表にも選出。甲子園でもしっかりしたスイングでホームランを放つなど、身体はそれほど大きくないものの、バッターボックスで大きく見える選手。外野手という事でポジション争いは厳しいものがあるが、足とこのスイングで一軍を掴みたい。

ドラフト6位 山本拓実 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

167cmと小柄だが最速148キロの速球を投げる。フォームは力投派で投げっぷりが良い。スライダーも鋭くコントロールも良い。実は1年目から期待できる投手と思う。大学に行って4年後にドラフト上位候補になっていそうな投手だったが、ドラフト6位から上がっていきたい。

育成ドラフト1位 大蔵彰人投手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

147キロを記録する大型右腕、楽な感じで投げて威力ある球が来る。フォームのバランスも良い投手で本格派右腕として期待される。

育成ドラフト2位 石田健人マルク投手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

ダイナミックなフォームから投げ込む。球速はまだ140キロ中盤程度だが、体がある投手でもう少し出てくると思う。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

チームの成績は低迷したものの、将来性を重視した指名となった今年のドラフト、ドラフト1位の鈴木投手も含めて1年目から即戦力という感じではない。しかし、鈴木投手、石川投手、清水投手、山本投手も、来年終盤には一度は一軍を経験できるのではないかと思うほど素質は高い。

高松選手、伊藤選手の内外野も、特徴を生かして将来はレギュラーに名を連ねるかもしれないと期待させる。今年のドラフトの結果は3年から5年後に評価できるものになるのではないかと思う。


PAGE TOP