中日、星稜出身の音スカウトを北信越に配置し、奥川恭伸投手に密着マーク

星稜高, 奥川恭伸

中日は中国・四国地区を担当していた音スカウトを北信越担当に変更した。音スカウトは星稜高校出身で、来年のドラフトの目玉・奥川恭伸投手を密着マークさせる。

準地元の逸材

中日は準地元に位置付ける北陸の怪腕、星稜の奥川恭伸投手の獲得に向けて体制を整える。中国・四国地区を担当していた音重鎮スカウトを北信越担当にし、出身の・星稜高校への訪問を増やす事を示唆、球団幹部も「そういう意図もある」と認めた。

星稜高校はかつてのエース・小松辰雄氏の母校でもあり、北陸は中日新聞のテリトリーとして重視する地域。中日は2017年に静岡の鈴木博志投手を、2018年には岐阜の根尾昂選手をドラフト1位で獲得することができた。そして今年も準地元の選手の獲得を目指していく。

奥川投手は今年夏の甲子園で150キロを記録して注目されると、秋は北信越大会で10者連続三振を記録、明治神宮大会でも決勝まで勝ち上がり、松坂大輔2世と評価された。今年の侍ジャパンU18代表には、2年生で唯一選出され、根尾選手などと一緒にプレーしていた。

先発取り

中日は、リリーフの鈴木投手、内野手の根尾選手などを獲得したが、課題の先発投手については、小笠原、藤嶋などの若手が成長しているものの、先発ローテーションに定着しする所まで至っておらず、ローテーションの軸となる投手の獲得を目指す。その中で球団幹部は。「来年のドラフトは大船渡の佐々木投手の評価が1番だろう。今年同様にドラフト戦略は難しい」と話し、佐々木朗希投手についても調査をするほか、今年引退した野本圭氏がスカウトに就任し、中国・四国地区の担当として、創志学園の西純矢投手をマーク、高校生右腕BIG3の獲得を目指していく。

また、東海地区には1軍投手コーチを務めた近藤真市氏が東海地区担当スカウトに復帰し、地元愛知の投手や東邦・石川昂弥選手なども逸材の獲得を目指す。

根尾選手を獲得し、大成功と言われた2018年のドラフトの勢いで、来年もさらに有力選手の獲得を目指していく。

2019年のドラフト候補
2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧

中日が次なる「金の卵」の指名に向け、早くも動いていた。来秋ドラフト上位候補の星稜・奥川恭伸投手(2年)を密着マークするため、万全の態勢を整える。来年の北信越担当に、星稜OBの音重鎮スカウトを中四国から配置転換することが判明。「奥川シフト」には最適の人物だ。


PAGE TOP