北海道日本ハム「ほぼ決まっている」ドラフト1位に大船渡・佐々木朗希投手

佐々木朗希, 大船渡高

北海道日本ハムは、吉村GMが「来年の1位は、ほぼ決まっている」と話し、大船渡の157キロ右腕・佐々木朗希投手を来年のドラフト1位で指名する事が分かった。

間違いなく決まっている

北海道日本ハムの吉村GMは「ドラフト1位は、ほぼ決まっている。来年でしょ? 決まっているよ。間違いなく、決まっている。ピッチャー。それ以上は、今は言わない」と話し、1位指名選手をすでに決めていることを明らかにした。また栗山監督は、「ヨシは何か言ってた?佐々木?」と話し、吉村GMの発言を確認したうえで、「佐々木、佐々木って言っていれば実現するかな。俺の中では、本命だよ」と話し、1位指名の投手は大船渡高校の佐々木朗希投手が有力であることも分かった。

佐々木投手は岩手県出身で、189cmの身長から最速157キロの速球を投げ、大谷翔平投手2世と呼ばれる投手、大谷翔平投手を育てた日本ハムがすでに獲得に乗り出しているのが明らかになっているが、12球団、そしてメジャーリーグのスカウトも注目する投手。

日本ハムは既に佐々木投手の1位指名を決定し、吉村GMは既に誰が抽選役になるのかに、「非常に難しい選択。ドラフト1位を決めるより難しい」と話した。昨年と今年は木田GM補佐が担当し、昨年は清宮幸太郎選手のくじを引いたが、今年は根尾昂選手のくじを外した。そこで、「当たることから逆算して決めたい」と話し、北海道日本ハムのスポーツ・コミュニティー・オフィサーでもある、侍ジャパン監督の稲葉篤紀氏をくじ引き役に起用する方針も示唆した。

佐々木投手は来年のドラフト候補の中で、高校生四天王と言われる大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、横浜高・及川雅貴投手の中で、潜在能力はすば抜けて評価されている。来年には高校生ながら160キロを記録する可能性もかなりあるとみられ、大谷投手の160キロを更新する可能性もある。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト
2019年ドラフト指名予想
北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名

日本ハムの編成部門トップの吉村GMは、はっきりと明言した。「ドラフト1位は、ほぼ決まっている。来年でしょ? 決まっているよ。間違いなく、決まっている。ピッチャー。それ以上は、今は言わない」。選手の具体名こそ伏せたが、栗山監督も「佐々木、佐々木って言っていれば実現するかな。俺の中では、本命だよ」と推すように、佐々木が1位入札の筆頭候補となっているもようだ。

189センチの長身から繰り出される快速球は、エンゼルス・大谷をほうふつとさせる。同じ岩手県出身ということもあり、運命の赤い糸を感じている指揮官。「ヨシ(吉村GM)は何か言ってた?佐々木?」。本気度の表れか、意中の“恋人”の実名を公表した。

昨年のドラフトでは7球団競合の末に清宮、今年は吉田輝(金足農高)を獲得した日本ハムが、次なるターゲットに狙いを定めた。最速157キロ右腕の“大谷2世”こと、大船渡高の佐々木だ。吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)が「ドラフト1位は、ほぼ決まっている。投手だね」と名前は明かさなかったものの大型右腕の指名を示唆した。
佐々木は、今秋の岩手大会・盛岡三高戦で自己最速を3キロ更新する157キロをマーク。プロのスカウトが視察に訪れるなど、来秋のドラフト1位候補として注目されていた。栗山監督も、早くも佐々木にぞっこんだ。11月の秋季キャンプ中には、すでに映像でチェックしていることを明かし「いい投手になるのは間違いない。投げる姿がいい」と絶賛していた。

最速150キロ以上を誇る横浜・及川(およかわ)、星稜・奥川、創志学園・西と並び「高校四天王」として各球団がマークする。競合となった際の抽選役は、栗山監督のほか、昨年ドラフトで清宮を引き当てた木田投手チーフコーチ、さらに侍ジャパン監督でもある稲葉篤紀SCO(スポーツ・コミュニティー・オフィサー)も候補となる見込みだ。

 


PAGE TOP