中日、ドラフト1位指名は混沌?

佐々木朗希, 奥川恭伸, 石川昂弥

星稜の奥川恭伸投手の指名が確定的と見られていた中日だが、10月4日のスカウト会議で1位指名を絞らなかった事でいろいろな憶測が流れている。

石川選手単独1位指名

中日は準地元と位置付ける北陸の、星稜・奥川恭伸投手のドラフト1位指名が有力とされている。球団関係者も「いの一番で奥川、外れ1位で石川というのが基本路線」と話しており、これまでも高く評価するコメントが出されていた。

しかし、ここへきて球団幹部が「地元である奥川か石川のどちらかは必ず欲しい」と要望をしており、準地元の奥川投手か、地元愛知でセンバツ優勝という快挙を果たした石川昂弥選手のいずれかを確実に指名してほしいという要望が出ているといい、「だったら最初から石川を一本釣りで狙った方が手堅い」という意見が出ているという。

また、大船渡の佐々木朗希投手については、山本チーフ補佐を中心に評価が非常に高く、米村チーフも「素材は佐々木が断トツ。でも総合力の高さは奥川がBIG4の中で断トツでNO.1。」と話し、素材の良さでは断トツと判断している。佐々木投手との面談では山本チーフ補佐が「ずっと見ていて高く評価している。4日のスカウト会議でも1位候補として高く評価されたが、当日までは決まらない」と話しており、1位候補の中に残っているとした。

この佐々木投手について、「本当に佐々木という超逸材を取りにいかなくていいのか」という意見もあると言い、奥川投手だけでなく、石川選手、佐々木投手の1位指名の声も出た事から、4日のスカウト会議では1位指名の決定を見送り、今後、与田監督の意見も聞いてドラフト直前に決定するという判断となったものとみられる。

予定路線としては、1位で奥川投手を指名し、抽選で獲得すれば2位で石川選手を狙うというものだが、石川選手は2位まで残っている可能性は、U18代表での活躍で低くなった。1位で奥川投手の抽選を外せば、石川選手の指名という事にはなりそうだが、この時、他球団も右の大砲候補・石川選手を指名してくる可能性も十分考えられる。

他球団の動向を見ながら、ドラフト直前に決めていくが、奥川投手・佐々木投手からの指名を回避することはなさそう、最終的には予定通り奥川投手の1位指名という事になりそうだ。

中日ドラゴンズのドラフト指名予想
2019年度-特Aランクのドラフト候補リスト
2019年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト

中日 17日のドラフト会議で地元の東邦・石川を一本釣りか 東京スポーツ紙面


PAGE TOP