12球団のドラフト、中日は野手・地元路線を続けるか

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

中日は2017年に広陵の中村奨成捕手、2018年に大阪桐蔭・根尾昂選手、2019年に東邦の石川昂弥選手と、甲子園で活躍した高校生野手の指名が続いた。果たして今年はどんなドラフト戦略をみせるか。

野手、地元路線

中日は2011年に高橋周平選手を指名してから、2016年まで5年間、投手のドラフト1位指名が続いた。中日は2010年、2011年とセリーグを制し、2012年に2位だったが、2013年からBクラスに転落すると、チーム成績が下がるほどドラフト1位指名では投手の指名が続いた。

松井裕樹投手、高橋純平投手を抽選で外した不運もあり、活躍できていない投手もいるが、即戦力にこだわったわけではなく、次世代のエース候補を指名していた印象もも受ける。そして2015年の小笠原慎之介が活躍を始めると、2016年に抽選で獲得した柳裕也投手も成績を残しはじめた。

そして2017年に体制が変わり、森繁和監督となると、上記のように中村、根尾といった次世代の野手の指名を続け、与田監督となった昨年もそれを続けた。中村選手は獲得できず、リリーフの鈴木博志投手を獲得したが、高校生野手の1位指名が続いている。

また、地元選手の指名も続く。静岡の鈴木投手、岐阜の根尾選手、そして愛知の石川選手の指名が続いており、昨年のドラフトでは中日新聞の地元と位置付ける北陸、星稜の奥川投手もマークをしていた。オーナー企業との関係もあるが、根尾選手を獲得できた成功体験が昨年も続き、チームも地元もムードが非常に良くなっているといえる。

野手の指名なら

中日は1月のスカウト会議で、下記の12人を1位候補として挙げている。

高田塚登 静岡商:左投
高橋宏斗 中京大中京:右投
中森俊介 明石商:右投
早川隆久 早稲田大:左投
山崎伊織 東海大:右投
森博人 日体大:右投
栗林良吏 トヨタ自動車:右投
松本竜也 Honda鈴鹿:右投
牧秀悟 中央大:右内
元山飛優 東北福祉大:左内
佐藤輝明 近畿大:左内
来田涼斗 明石商:左外

中村選手が獲得できなかった分、昨年のドラフト会議で郡司裕也選手を指名したが、世代表を見ると、大野投手がおり、柳投手、小笠原投手、山本拓実投手、そして梅津晃大投手と、将来を見ても楽しみ投手が多いのに対し、野手の層が、高橋周平、京田陽太の世代が中心となるものの、その下の世代はまだかなる薄いという印象もうける。

世代表や2019年の主な選手成績など↓

中日ドラゴンズのドラフト指名予想
中日ドラゴンズ公式ページ 中日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント...

本来ならばまだ野手の指名を続けてもいいかもしれない。そして今度は外野にスターになりそうな選手が欲しい所だが、今年はその選手が比較的多めだ。

明石商の来田涼斗選手は抜群の打撃を持ち、スピードと肩の身体能力を持った選手で、華があるスター候補で、ナゴヤドーム向きの選手とも言える。守備面でやや追い方に不安なところを見せるが、1番、3番に来田が入り、根尾、石川、高橋周平と続く打線は見てみたい。

中央大の五十幡亮汰選手は野球を変える可能性を秘めた選手で、日本一の足で打球を追い、外野の広い守備範囲を埋めてくれる。また外野手前の打球でも、外野手の正面からズレた所に飛べば、二塁打にしてしまう足があり、外野の頭を越せば三塁打、ランニングホームランの可能性もある。内野が土のグラウンドの方がヒットはもっと出るかもしれないが、楽しみな選手になることは間違いない。

長打力ならば、小笠原投手の後輩・西川僚祐選手がおり、レフトへはナゴヤドームでも放り込めそうだ。井上朋也選手は右にも運べる強さがある。ただし、この二人は石川選手と打撃が重なる所もある。

スター性では智弁和歌山の細川凌平選手も、今年からショートに転向しているものの、センターとしてのスピードはスター性を持つ。打撃も安定をしており、将来的に大島選手のような活躍を期待しても良いだろう。

投手指名に変更なら

ただし、チームは昨年終盤にはAクラスを望む勢いを見せており、いよいよBクラスを脱する時として勝負をかけると判断すれば、投手の指名に切り替えてくる可能性がある。

投手では高橋宏斗・中京大中京、高田塚登・静岡商、中森俊介・明石商、早川隆久 早稲田大、山崎伊織・東海大、森博人・日体大、栗林良吏・トヨタ自動車、松本竜也・右投が1位候補として挙げられているが、地元路線を続けるなら中京大中京の投手と、愛知黎明-名城大-トヨタ自動車の地元の申し子・栗林投手という事になる。

ただし高橋投手は元々進学も視野に入れており、この状況で進路が気になるところで、また高いポテンシャルは持っているものの、来年、勝負をかけるという所では少し時間が必要な投手だろう。栗林投手は昨年秋のウインターリーグでもNPBの選手をしっかり抑え、社会人投手筆頭と言って良い存在。個人的にはリリーフとして特性があると思うが、1年目から戦力になるし、もしかすると単独1位指名も狙えるかもしれない。

そして忘れてはいけないのが、日体大の森投手も豊川高校出身の地元投手となる。力のあるストレートは迫力があり、変化球のキレも良く先発で起用したい投手。

まずは今年のペナントレースが開幕し、例年よりも短いリーグ戦でチャージをかけてAクラス入りを狙う事になるが、その結果を見て野手がまだ足りないと思うか、充実したと捉えるか。

外野手、地元の投手が比較的豊富と言える今年のドラフトで、中日が1位指名するのは誰になるか。

中日ドラゴンズのドラフト指名予想
中日ドラゴンズ公式ページ 中日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント...
中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧
中 日ドラゴンズ公式ページ 中 日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中 日ドラゴンズのチーム世代表 中 日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ過去のドラフト指名 3年...
中日のドラフトの狙い(2020)
2020年の中日のドラフト戦略を分析します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 中日のドラフト指名傾向として、地元優先は間違いなく、トヨタ自動車の栗林、中京大中京の高橋の名前が挙がるのは間違いないですが、ドラフトの指名傾向として怪我のため評価を落としている選手を上位で指名しています。
    古くは日本大学の落合英二、今の主力では佛教大の大野雄大などです。
    下位指名ですが、高橋聡文も怪我で全く投げていない選手でした。

    今年は不透明な部分が多いですが、上記の2人が指名できなかった場合など、東海大の山崎伊織を外れ一位等で指名する可能性が高いと思います。