東北楽天、ドラフト1位は「3人です。野手です」

根尾昂

東北楽天は23日、都内でスカウト会議を開き、ドラフト1位指名候補を3人に絞り込んだ。石井GMは「3人です。野手です」と話した。

野手を1位指名

石井GMはスカウト会議後に「3人です。野手です。根尾君を含めて」と話し、ドラフト1位候補を3人に絞り、大阪桐蔭の根尾昂選手が入っていることを明かした。

野手の1位指名に絞ったことについて、「うち的にはピッチャーではなく野手でいきたいというのはある。過去の例を見ても投手中心にいっている。ピッチャーはある程度この人、と期待をかけられる人がチーム内にいる」と話し、これまでに投手の指名が中心となっており、チーム内には投手の戦力が充実していることを理由とした。

1位候補で挙げられる野手となると、報徳学園の小園海斗選手、立命館大の辰己涼介選手が各球団もリストアップする選手だが、東北楽天は外野手で田中選手なども出てきており、課題の内野手にこだわるとすると、早稲田実の野村大樹選手、天理の太田椋選手などが挙げられているかもしれない。

東北では秋田・金足農の吉田輝星投手が話題となり注目されるが、地元選手よりもチームの補強ポイントを優先した。吉田投手は1位で他の球団が指名する可能性が高く、東北楽天入りとはならなさそうだ。

東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト会議
2018年ドラフト指名予想

 楽天は23日、都内でスカウト会議を開いて、25日のドラフト会議で1位指名する選手を3人にまで絞った。石井一久GMは会議終了後に取材に応じ「(1位候補は)3人です。野手です。根尾君を含めて」と明言。東北のスター候補として期待される金足農・吉田輝星投手の指名は見送ることになりそうだ。

楽天は23日、東京都内でスカウト会議を行い、25日のドラフト会議での1位指名候補選手を3人に絞った。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は「投手ではなく、野手で行きたい」と話し、候補の中に大阪桐蔭高の根尾昂内野手が含まれていることを明らかにした。


PAGE TOP