光星学院・城間竜兵投手に東北楽天が評価!一関学院・白鳥翔投手は5安打完投も敗れる!

光星学院, 城間竜兵, 白鳥翔, 一関学院

 春季高校野球東北大会では光星学院vs一関学院の対戦が行われ、光星学院は城間竜兵投手が13奪三振で2失点完投勝利を挙げた。この投球に東北楽天・上岡スカウトは「変化球でストライクが取れる。こうすれば三振が取れるというのが分かっている」と評価した。

 城間竜兵投手は171cmと小柄だが140km前後のキレの良いストレートとダルビッシュ投手の変化球バイブルで学んだというカーブなどで三振を奪える投手。

 また来年のドラフト候補、一関学院の2年生・白鳥翔投手は5安打に抑えるも7四死球を与えるなど課題の投球となった。しかし、186cm87kgの大型右腕投手は今年の夏、そして来年に向けての大きな経験となったはずだ。

  • 来年(2013年)の高校生注目投手一覧!
  • 光星・城間、ダルカーブで13K…春季東北大会 - 
    スポーツ報知:2012/06/10

     最後は力でねじ伏せた。1点リードで迎えた9回。最後まで粘ろうとする一関学院に、城間は真っ向勝負を挑んだ。最後の打者は外角直球で空振り三振。13三振を奪う圧巻の内容にも「三振の数は数えてなかった。自分は打たせて取るピッチャーなので」と淡々と振り返った。

     序盤は球が高めに浮き3回までに2失点。だが、そこから粘りを見せた。4回以降は低めを丁寧について散発4安打に抑えた。“ライバル”に負けるわけにいかなかった。8日の東陵(宮城2位)との2回戦で、サイド左腕の伊藤裕貴投手(3年)が1失点で公式戦初完投を飾った。これまでは金沢湧紀投手(3年)と城間との2枚看板だった。新戦力の台頭に「伊藤が頑張っていたので、自分も頑張らないと。いい刺激になりました」と気合を入れ直した。

     右腕の快投に楽天の上岡スカウトは「変化球でストライクが取れる。こうすれば三振が取れるというのが分かっている」と褒めた。その変化球は尊敬する2投手から学んだものだ。カーブはダルビッシュの著書「変化球バイブル」を熟読して習得。フォークは、昨夏の甲子園でチームを準優勝に導いた1年先輩の秋田教良(現三菱重工広島)から教わった。二塁手も兼ねる172センチは「まねをするのが好きなんです」と笑った。 

     (中略)
    センバツ準V校をあと一歩まで追い詰めながら、勝利をつかみとることはできなかった一関学院。光星学院打線を5安打に抑え3失点完投した白鳥翔投手(2年)は「コールド負けすると思っていた。通用したのは良かったけど、もっと制球を良くしたい」と意欲。7四死球を与えた右腕の投球内容に沼田尚志監督(52)は「これからの投手。夏にはつながる」と先を見据えていた。
    全文はスポーツ報知をご覧ください。


    PAGE TOP