花巻東・大谷翔平選手、通算52号はバックスクリーン弾!

大谷翔平, 花巻東

 春季東北大会は花巻東vs盛岡大付の対戦が行われ、大谷翔平、出口心海の両エースは岩手同士の対戦と合ってか先発をしなかった。試合は10-9で盛岡大付が勝利、5回に大谷翔平の高校通算52号となるホームランがバックスクリーンに突き刺さるなど花巻東も7回に9-9の同点に追いつくなど追い上げたものの8回に盛岡大付が勝ち越し、最後は出口心海投手がリリーフして勝利を得た。

 打撃でも好調を見せる大谷選手、通算ホームランも60本は越えるだろう。左の大砲としても素質は十分だ。

  • 東北の高校生ドラフト候補一覧!
  • 花巻東“乱打線”に沈む…春季東北大会 - 
    スポーツ報知:2012/06/10

     1球と1点の重さを改めて知った。7回1死満塁、盛岡大付・出口心海(3年)の打球は、花巻東の中堅を守る大谷翔平(3年)に向かってきた。左腕を懸命に伸ばして193センチの体で飛び込んだが、打球はグラブをかすって地面に落ち、同点に追いつかれた。大谷は「捕っていれば…。球際に弱かった」と悔しがった。

     

     初回と7回に5番・高橋恒(3年)がいずれも3ランを放つなど、相手投手陣から計12安打。大谷も5回にバックスクリーン直撃の高校通算52号ソロを放った。しかし、1点及ばず。「去年までは小技を使ったり、ゴロでつないでいたが、スタイルが違うチームになった」と“打のモリフ”を認めた。 全文はスポーツ報知をご覧ください。


    PAGE TOP