北海道日本ハム、ドラフト1位に松井裕樹投手有力

松井裕樹, 桐光学園

 ニッカンスポーツによると、北海道日本ハムが桐光学園・松井裕樹投手を1位指名する可能性が高くなったとのこと。

 記事によると1位候補に5人前後が残っており、その中に松井裕樹投手も含まれている。九共大・大瀬良大地投手やJR東日本・吉田一将投手なども含まれているようだが、球団内で松井投手の評価が一気に上がっているという。またセガサミー・浦野博司投手、富士重工・東明大貴投手、東京ガス・石川歩投手なども高く評価しており、外れ1位での指名となる可能性が高い。

 北海道日本ハムは2011年に巨人と相思相愛だった菅野智之投手を、2012年はメジャー入りを表明していた大谷翔平選手を指名し、「その年で最も良い選手を指名する」方針となっている。今年の最も良い選手について、山田GMは「最後の最後まで分からない。ギリギリまで考えて決めることになる」とまだ決めかねているようだ。

 松井裕樹投手には横浜DeNAが1位指名を公表し、東京ヤクルト、千葉ロッテ、東北楽天、巨人なども1位候補としてリストアップしており、指名の重複は確実な状況となった。

北海道日本ハム、大谷から1年、1位は松井  - ニッカンスポーツ紙面:2013/9/10

 


PAGE TOP