日本ハム、大阪桐蔭の根尾昂選手をリストアップ、来年の「その年のNO.1」は誰に?

大阪桐蔭, 根尾昂, 北海道日本ハム

北海道日本ハムは、大阪桐蔭の根尾昂選手をリストアップしていることが分かった。

投手として内野手としても

北海道日本ハムの球団幹部は、根尾昂選手について「打撃もいい、投手としてもいい、フィールディングもいい。うちとしてはすべての可能性を考えていきたい」と話し、高い評価をしている。

大渕スカウト部長も「野性味あふれるし打撃は魅力的。もちろん見ていきます」と話しており、すでに11月の明治神宮大会を木田GM補佐などが視察し注目を続けている。

北海道日本ハムは今年は大谷翔平投手を始め、FAなどで多くの選手が抜け戦力ダウンは大きい。しかし、それを見越してのチーム作りと補強を行っており、メジャー移籍やFAでの他球団の移籍によって若手がポジション争いをし、逆にチームを活性化させているような面もある。大谷選手などが抜けても即戦力で埋めるという考えは無く、あくまでもその年のNO.1の選手を獲得する。それがダルビッシュ有投手、大谷翔平投手の単独1位指名につながり、そして中田翔選手や清宮幸太郎選手も抽選で獲得できる運にもつながっているかもしれない。

来年はその年のNO.1を絞るのは難しい。根尾選手の他、大阪桐蔭の藤原恭大選手、報徳学園の小園海斗選手、早稲田実・野村大樹選手、花咲徳栄・野村佑希選手などがそれぞれの役割やポジションでNO.1と評価されることになりそうで、他にも大学生投手で東洋大の甲斐野央投手や社会人投手のHonda・齋藤友貴哉投手などもNO.1投手と評価されるかもしれない。

抜群の身体能力を持つが、投手か内野手か外野手かまだポジションがはっきり決まっていない根尾選手を最終的にNO.1として評価し1位指名をしてくるか、日本ハムのドラフトに注目したい。

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

4番打者で投手、遊撃、外野をこなす逸材を、球団幹部は「打撃もいい、投手としてもいい、フィールディングもいい。うちとしては全ての可能性を考えていきたい」と評価。11月の明治神宮大会から木田GM補佐らが視察を始めている。


PAGE TOP