日本ハム・今成スカウトが急死、66歳

2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムの今成スカウトが、劇症型溶血性レンサ球菌感染症のために亡くなった。66歳だった。

スポンサーリンク

埼玉

ご自宅のあった埼玉県で、東洋大や県営大宮などで特に見かけることが多かった今成スカウト、北海道日本ハムの関東地区の担当として、花咲徳英・野村佑希選手や日本通運の生天目翼投手や、帝京の松本剛選手などを担当し、チームに貢献できる選手として獲得をしていた。

特に、古くは阪神スカウト時代に東洋大の桧山選手、今岡選手、福原投手、日本ハムでも大野捕手、乾投手などを獲得、東洋大の高橋監督との縁は強かった。埼玉県の高校生が東洋大に進む選手が多いのも、地理的な事もあるが、今成スカウトが縁を繋いだこともあった。

面白い話が日刊スポーツに載っている。他球団のスカウトにお目当ての選手を見られたくないと、その選手の試合前に他球団のスカウトに「他の試合でいい試合がやっているよ」と言って、全員、別球場に移動させたという。川越工の太田賢吾選手、専大松戸の上沢直之投手などをドラフト下位で指名し、獲得することもあった。

帽子を被り、試合中は新人記者は近寄りにくそうにしていたが、試合が終わるとベテラン記者が話しかけ、その周りに多くの記者が集まっていた。

2月17日まで沖縄名護のキャンプに滞在し、現場の首脳陣に選手の特徴を伝えること、そして、ルーキー選手やそれまで獲得していた選手へのサポートという、44年間、毎年続けてきたスカウトの仕事を今年も続けていたという。

帰京してから2週間で亡くなられた。ご冥福をお祈りいたします。

北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想 北海道日本ハムの近年のドラフト指名 過去3年間:投手17名(...
日本ハム・今成スカウト急死 大谷、ダルらを担当 異名は「マムシ」粘り強い交渉力 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムは3日、今成泰章(いまなり・やすあき)スカウトが「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」で2日に埼玉県内の病院で死去したと発表した。66歳だった。駒大卒業後にスカウトとして入団した阪神では和田豊、桧山進次郎、日本ハムではダルビッシュ有(現パドレス)、大谷翔平(現エンゼルス)らを担当した。
日本ハム・今成スカウト襲った劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは「人食いバクテリア」とも呼ばれる - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムは3日、今成泰章(いまなり・やすあき)スカウトが「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」で2日に埼玉県内の病院で死去したと発表した。66歳だった。
死去した日本ハム・今成スカウト 阪神時代の新庄監督に「お前は必ず1軍でスターになれる」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムは全体練習前に新庄監督、選手、関係者らが死去した今成スカウトに黙とうをささげた。
侍ジャパン・栗山監督 日本ハム・今成スカウトを悼む 愛情で能力を見抜く人 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムは3日、今成泰章(いまなり・やすあき)スカウトが「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」で2日に埼玉県内の病院で死去したと発表した。66歳だった。駒大卒業後にスカウトとして入団した阪神では和田豊、桧山進次郎、日本ハムではダルビッシュ有(現パドレス)、大谷翔平(現エンゼルス)らを担当した。昨季までの10年間は日本ハム監...
【日本ハム】今成泰章スカウト死去 66歳 ダルビッシュ有、大谷翔平を担当 阪神にも在籍
 日本ハムは3日、今成泰章スカウトが2日、劇症型溶血性レンサ球菌感染症のため埼玉・朝霞市内の病院で死去したと発表した。66歳だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント