日本ハムがドラフト1位指名の矢澤宏太選手に指名あいさつ

2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムは、ドラフト1位で指名した日本体育大の矢澤宏太選手に、稲葉GM、大渕スカウト部長などが指名あいさつを行った。

スポンサーリンク

新たな二刀流を模索

稲葉GMは指名あいさつで、「ナンバー2ではなくオンリーワン。矢澤流を目指そう」と話し、大谷翔平選手の二刀流ではなく、矢澤選手の二刀流を目指していこうと矢澤宏太選手に伝えた。矢澤投手も「どう表現すればいいのかなと思っていた。どうしても大谷選手と比べられることは多いが僕は僕。そういう言葉をもらってうれしかった」と話した。

大谷翔平選手は、投手とDHで出場してきた。しかし、大渕スカウト部長は「ネクスト大谷ではない。スターターとして1イニング投げて、すぐに外野に行くとか、いろいろ方法がある」と話し、外野で出場しながら、先発やリリーフで登板するなど、大谷選手とは違った形で二刀流を実現することを伝え、矢澤選手の迷いも消えた。

新庄監督はこの日は訪問しなかったが、インスタグラムで「矢沢君には試合途中で外野からマウンドに走ってきて、2人をトントンって抑えて。次の回に先頭打者で初球ホームラン。夢あるね~」と投稿し、それを聞いた矢澤選手も「僕は外野で出ていても、投球練習で何球か投げればマウンドに立てる」と肩の仕上がりが早いことを伝えた。

新球場で、新庄監督が優勝を目指して戦う来年、矢澤選手がどのように活躍を見せていくのか注目したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
日本ハムドラ1矢沢 「新庄スペシャル」で「YAZAWA流」二刀流確立目指す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムから1位指名を受けた投打二刀流の日体大・矢沢宏太投手(22)は、走攻守でのフル回転を宣言。今季から新庄剛志監督(50)が温めてきた秘策「新庄スペシャル」の一翼を担い、「YAZAWA流」の二刀流確立を目指す。
【日本ハム】ドラ1矢沢宏太に指名あいさつ 稲葉GM「矢沢流を目指していこう」
 日本ハムからドラフト1位指名を受けた日体大の二刀流左腕・矢沢宏太投手が21日、横浜市内の同大学で稲葉GMらから指名あいさつを受けた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント