巨人ドラフト1位・小林誠司捕手、自信を持つ慎重派捕手に

社会人野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 今年のドラフトでは日本生命から2人のドラフト1位指名選手が誕生した。巨人の小林誠司捕手と横浜DeNAの柿田裕太投手、バッテリーを組んだ二人は、同一リーグのチームのライバルになる。まずは小林捕手から。

不安を持ち続ける慎重派捕手

 巨人が2000年のドラフトで阿部慎之助選手以来、満を持して1位指名した捕手は小林誠司捕手だった。打撃で注目された阿部選手とはタイプが違い、慎重なリードが持ち味の守備型捕手だ。

 小林選手と言えば、広陵高校では野村祐輔捕手をリードし、夏の甲子園では優勝まであと一歩という所で満塁ホームランを浴びて逆転で敗れたシーンが思い出されるが、それから大学でもぐんぐん成長してドラフト上位候補となった。この時、ドラフト1位でなければ日本生命入りと各球団に伝える大胆というべき行動をとって話題となった。

 この行動には「密約説」とか「自信過剰」といった批判もあったが実際には違い、プロで活躍する自信が持てなかったため、周囲のアドバイスを受けての行動だった。大学でもトップクラスでドラフト上位候補に名前が上がったものの、自信を持つ事ができなかった。

 社会人でも常に不安を持ちながら慎重にリードをし続けてきた。野村克也氏が捕手は常にマイナス思考を持っている、と話していたが、小林捕手はそういうタイプの捕手なのだろう。

好投手に恵まれた?実は!

 小林捕手を語るのに、もうひとつは好投手に恵まれた点が挙げられる。広陵高校では野村祐輔投手とバッテリーを組み甲子園準優勝、同志社大では藤井貴之投手(現日本生命)や平川貴大投手(現大阪ガス)などの投手とバッテリーを組みリーグ制覇もしている。社会人では吉原正平投手(千葉ロッテドラフト4位)、柿田裕太投手(横浜DeNAドラフト1位)とバッテリーを組んだ。

 好投手に恵まれている、というのだが、実際には小林選手が投手を育て、投手を巧みにリードしているのだと思う。そのための信頼関係も築くことができる捕手なのだろう。投手の能力を最大限まで導き出すことができる捕手としての力を、プロで確認したい。

試合の外では積極性を

 ドラフト会議後に話題となったのは小林選手のイケメンだ。しかし小林選手はそれを否定し、野球に打ち込みたいと話した。試合の外でも慎重派でおとなしく、丁寧な選手なのだろう。しかし、巨人の阿部捕手はこの点を心配してか、3つのアドバイスが渡された。1つ目は「新人の中で先頭に立ってやれ」、謙虚な小林選手がまずは新人を引っ張る。と言っても今年は2位以降で和田恋選手、田口麗斗投手、奥村展征選手、平良拳太郎投手と高校生が多い。育成では青山誠選手、長江翔太投手の大学生がいるが、年長の小林選手が高校生の遠慮せず引っ張っていってほしい。

 2つ目は「打撃は見て、聞いて、学べ」、小林選手は打撃でも一発長打を見せる。しかし打率は2割台前半の事が多い。ポスト阿部として巨人ファンは打撃でも期待しすることになる。どこまで成長できるか期待したい。

 最後は「マスコミと良い関係を作れ」、小林選手は見ためで良い印象を与えるが、「口べたでおとなしい」と話す。これは練習して慣れて行くこともあるが、やはりプレーで自信が持てれば自然に話せるようになると思う。

 試合の外では自信を持ってチームを引っ張り、話ができるように、まずは捕手としてどんどん試合に出場して自信を積み上げてほしい。

  YGマークの帽子をかぶった小林は、そのりりしい表情を一段と引き締めた。「22」を背負うことが決まり「すごい番号を頂いて誇りに思いますし、必死で頑張って開幕1軍を目指したい」と所信表明した。

 そんな期待の大型新人に、G球場で練習に参加していた阿部主将から3つの金言が届いた。

 (1)新人の中で先頭に立ってやれ ドラフト1位は即戦力として期待される。昨年は1位の菅野が1月の新人合同自主トレからアピールし、キャンプ1軍をつかんだ。5日の施設見学で同期に「切磋琢磨(せっさたくま)してやろう」と声を掛けた小林も「僕以外は高校生と大学生。しっかり引っ張っていかなくちゃいけない」と自覚。

 (2)打撃は見て、聞いて、学べ 山下スカウト部長から「アマチュアで場数も踏んでいるし、守備は高い評価をしている」と絶賛されるが、課題は打撃。今でこそ球界最高峰の打撃力を持つ阿部も、01年の入団時は松井秀喜氏ら先輩の背中を追いかけた。小林は「見て、感じることはキャッチャーとしても大事。本塁打を打つタイプではないので、寺内さんのように必死で食らいつき、アベレージを残したい」。

 (3)マスコミと良い関係を作れ 人気球団のドラフト1位はいやが応でも注目される。プレーで魅せることはもちろん、阿部の決めぜりふ「最高で~す」のように、メディアを通してファンに気持ちを伝えることも大事な仕事。「口下手でなかなかうまくしゃべれないですけど、少しずつ学べたら」と克服していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント