巨人がスカウト会議、根尾昂選手など約180人がドラフト候補

大阪桐蔭, 根尾昂, 巨人

巨人は1月15日にスカウト会議を開いた。大阪桐蔭の根尾昂内野手など約180人がドラフト候補としてリストアップされていることが分かった。

昨年から

巨人は昨年12月にスカウト会議を開いており、その際に根尾選手など約180人をリストアップしていた。この日は岡崎スカウト部長は「12月からリストは全く変わってない。選手を見に行くのはこれから」と話した。

この日はスタッフ会議なども行われ、その一環でスカウト会議が行われたようで、具体的な動きはなかったが、スタッフ会議では「先発投手70勝、3失点以下90戦以上、貯金40以上」という、優勝に向けた具体的な目標が設定された。また育成の功亮投手と松原聖弥選手の二人が1軍キャンプに抜擢される事も決まり、選手を抜擢し育成していくという方針も示された。

スカウト会議ではそれらのチーム方針なども伝えられたものとみられ、各地区の担当がその方針をもって選手を探して行く事になる。大阪桐蔭の根尾選手は投手、内野手、外野手としてプレーができるが、具体的な評価などはまだ伝えられなかった。

次回のスカウト会議はセンバツ高校野球の終了後に行われる。

岡崎スカウト部長は「(昨年の)12月からリストは全く変わっていない。選手を見にいくのはこれから」と説明。現状では投手も兼ねる大阪桐蔭・根尾昂(あきら)内野手(2年)ら約180人がリスト入りしていることを明かした。


PAGE TOP