巨人が育成ドラフト6位の桐蔭横浜大・菊地大稀投手と仮契約、150キロ右腕

2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人が、育成ドラフト6位で指名した桐蔭横浜大の菊地大稀投手と、支度金290万円、年俸400万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

150キロ右腕

菊地大稀投手は186cmの身長があり、最速150キロの速球を投げる。ストレートの強さ、そして制球も含めた投球もしっかりできる投手で、力を見せられれば比較的早く結果を残せそうな投手だ。

菊地投手は佐渡島出身で、佐渡高校も145キロの速球を投げて注目されていた。初の佐渡出身のプロ野球選手となり、「自分がプロの世界で活躍することで地元が活気づくと思うので、期待を裏切らないようにしっかりやっていきたい。最終的には1軍でローテーションに入れる選手になりたいので、まずは支配下に登録されることを目標にやっていきたい」と話した。

支配下指名でも驚かなかったと思う。少しの粗さも残しながら、さらにパワーアップを目指すか、得意のスライダーを磨き、完成度を高めていくか。どんな成長をしていくのかが楽しみな投手。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

新潟県の佐渡島出身で、同島からは初のプロ野球選手となる。「自分がプロの世界で活躍することで地元が活気づくと思うので、期待を裏切らないようにしっかりやっていきたい。最終的には1軍でローテーションに入れる選手になりたいので、まずは支配下に登録されることを目標にやっていきたい」と地元の期待を胸にプロの世界での第一歩を踏み出す。

巨人、育成D6位の桐蔭横浜大・菊地と合意
○…巨人が育成ドラフト6位で指名した桐蔭横浜大の菊地大稀投手(22)=186センチ、91キロ、右投げ左打ち=の入団が22日、決まった。横浜市内のホテルで支度金2…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント