DeNA育成ドラフト2位の小松大谷・東出直也捕手が入団合意、強肩捕手

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、育成ドラフト2位で指名した小松大谷の東出直也捕手と、支度金300万円、年俸340万円で仮契約を交わした。仮契約には、進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、八馬スカウトが同席した。

スポンサーリンク

セールスポイントは肩

東出直也選手は、「指名された後はなかなか実感が湧きませんでしたが横浜スタジアムに入る機会があり、そこでやっと実感が湧いてきました。自分のセールスポイントは肩です。この肩でチームの勝利に少しでも貢献できたらと思います」と話した。

173cm72kgと体は大きく無いが、二塁まで1.85秒の肩が光る。特に、投手への返球は1球1球しっかりと立ってスローイングをしており、丁寧な性格の捕手として、プロでもそれが生きてゆきそうだ。

東出選手は、「将来的には日本一にふさわしい技術、人間性を作っていきながら3年後にはレギュラーを獲得し日本一に導けるように頑張っていきたいと思います」と話した。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

支度金300万円、年俸340万円。進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、八馬スカウトが同席。「指名された後はなかなか実感が湧きませんでしたが横浜スタジアムに入る機会があり、そこでやっと実感が湧いてきました。自分のセールスポイントは肩です。この肩でチームの勝利に少しでも貢献できたらと思います」と意気込みを語った。

【DeNA】育成ドラ2捕手の小松大谷高・東出直也が仮契約「3年後にはレギュラーを獲得し日本一」
 DeNAが育成ドラフト2位指名した小松大谷高・東出直也捕手(18)が22日、石川・小松市内で支度金300万円、年俸340万円で仮契約を結んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント