巨人ドラフト5位の法大・岡田悠希選手が、契約金4500万円、年俸800万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は、ドラフト5位で指名した法政大の岡田悠希選手と、契約金4500万円、年俸800万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

オールラウンドプレイヤーに

巨人は今年、長年外野陣を支えてきた亀井選手が引退し、昨年も佐藤輝明選手を1位指名するなど補強ポイントの一つと言われた外野手だが、支配下ドラフトで指名された野手は岡田悠希選手1人だけ、非常に期待が寄せられている。

岡田選手は183cm85kgの大型外野手だが、50m6.0秒の足と遠投120mの肩が魅力、水野スカウト部長は「1日でも早く亀井のようなオールラウンドプレーヤーになってほしい」と話し、三拍子揃った選手として期待を込めた。岡田選手も「守備や打撃で走塁で、自分のプレーをして、走攻守のそろった選手になりたい」と話した。

岡田選手は龍谷大平安時代に、高校通算34本塁打を放つスラッガーとして注目された。法政大では1,2年でリーグ戦出場は無く、3年春も出場がなかった。3年秋に9試合に出場して2本塁打を放ちレギュラーを掴むと、4年春は10試合で打率.278、2本塁打を記録した。4年秋はチームで新型コロナのクラスターが発生した影響もあり、10試合に出場も打率.216でホームランは0本だった。

大型で長打力もあるが、大学では最後は1番を打っていた。大型のリードオフマンとして、または亀井選手のように4番の前後を打って頼れる存在になりたい。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

今年のドラフトで指名された支配下7選手の中で唯一の野手となる岡田は、183センチ、85キロと恵まれた体格で、50メートル6秒0、遠投120メートルという抜群の身体能力を持つ、亀井と同じく走攻守3拍子そろった左の外野手。水野スカウト部長から「1日でも早く亀井のようなオールラウンドプレーヤーになってほしい」と期待をかけられ、「守備や打撃で走塁で、自分のプレーをして、走攻守のそろった選手になりたい」と闘志を燃やした。

巨人ドラ5 法大・岡田が亀井の後継者だ「勝負強い偉大な選手になれるように」年俸800万円で仮契約 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 巨人にドラフト5位で指名された法大・岡田が都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。球団から今季限りで現役を引退した亀井の後継者として期待される同じ左打ちの外野手。サヨナラ打を打ったことがない21歳は球団歴代2位のサヨナラ弾7本を放った亀井について「勝負強いところが一番印象。そ...
先輩のヤクルト・高橋から刺激!巨人の〝ポスト亀井〟へ岡田悠希「偉大な選手に」
夢は大きく、トリプルスリー!! 巨人からドラフト5位で指名された岡田悠希外野手(21)=法大=が26日、東京都内のホテルで入団交渉を行い、契約金4500万円、年…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント