プロ注目の三浦学苑・秋元秀明投手、準完全試合!通算20本塁打も!

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 三浦学苑の秋元秀明投手が寒川との試合で9回ノーヒットノーランを達成、2-0で勝利した。奪った三振は13、許したランナーは初回に四球で許した1人だけの準完全試合だった。また8回にはダメ押しとなる自身通算20本塁打となるホームランを放ち長打力も見せた。

 秋元投手はこの冬に10kgウエイトを増やして球威が増し急成長を見せた。春季大会から巨人や東京ヤクルトなど複数球団がマークしており今後の活躍が注目される。

三浦学苑 秋元、初回だけ四球で13K準完全 - スポーツニッポン:2012/07/12

 まさにワンマンショーだった。三浦学苑のエース秋元は、最後の打者からこの日13個目の三振を奪い、思わず表情を緩めた。寒川相手に初回の先頭打者に四球を与えただけの準完全試合だ。「気持ち良かった。最高。7回が終わった時にスコアボードを見て、まだ0だと。(ノーヒットノーランは)初めてで、まだ実感がないです」

 憧れの選手は藤川球児(阪神)。冬のトレーニングで体重は7キロ増の80キロ。球速は10キロ上がり、最速は138キロを計測するまでに成長した。春季大会では巨人、ヤクルトなど数球団のスカウトが視察。この日は8回を除く13奪三振に「打たせて取るタイプなので、こんなに取ったのは初めて。調子は良かったと思います」と、成長を自ら実感する快投だった。

 1―0の8回には自ら左越えにアーチを放った。高校通算20本目に「1点欲しかったので狙っていました。真ん中で“もらった”と思った。完璧でした」。夢はプロ野球選手。「そのためにも4強を目標に戦う。いけると思う」と自信の口ぶりで話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント