福岡ソフトバンクドラフトニュース

2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、ソフトバンクは大砲候補を獲得できるか

福岡ソフトバンクは2017年に清宮幸太郎選手(早稲田実)、安田尚憲選手(履正社)の大砲を、そして昨年は石川昂弥選手(東邦)を指名し、大砲の獲得を目指すが、その悲願はまだできていない。
中日ドラフトニュース

夏の甲子園中止、プロ球団のスカウト関係のまとめ

夏の甲子園中止が決定し、プロ球団にも困惑が広がっている。プロ側の反応をまとめます。
2020年ドラフトニュース

東北福祉大・元山飛優選手にスカウト「守備力はプロレベル」

今年のドラフト会議で、即戦力内野手として東北福祉大の元山飛優選手が注目される。スカウトも「守備力はプロレベル」と認める。
2020年ドラフトニュース

中央大・牧秀悟選手をオリックス、ソフトバンクが評価、逆方向に打てる内野手

今年のドラフト会議で、プロのスカウトが右の大砲として注目するのが中央大・牧秀悟選手、昨年は侍ジャパン大学代表の4番を打ち、二遊間を守れる選手としても注目される。
2020年ドラフトニュース

仙台大・宇田川優希投手のスカウト評価の変化

今年の大学生右腕のドラフト上位候補の一人、仙台大の宇田川優希投手について、昨年のドラフトで佐々木朗希投手を担当した千葉ロッテの柳沼スカウトは「ガンッと伸びのある直球がくる。」と評価をしている。
2020年ドラフトニュース

153キロ右腕、東北公益文科大・赤上優人投手にロッテ、広島、ソフトバンクなど評価

東北公益文科大の153キロ右腕・赤上優人投手に、プロのスカウトも高く評価をしていることが分かった。
2020年ドラフトニュース

慶応大の木澤尚文投手が150キロ、ソフトバンク、ヤクルト、阪神、巨人など9球団14人スカウト視察

慶応大が日体大とオープン戦を行い、154キロ右腕・木澤尚文投手の投球を、9球団14人のスカウトが視察した。
2020年ドラフトニュース

早大・早川隆久投手に巨人、ソフトバンクなど4球団視察も雨天中止

巨人の3軍と早稲田大のプロアマ交流戦が雨天で中止となった。この試合には巨人の他、福岡ソフトバンク、北海道日本ハム、オリックスの4球団のスカウトが視察に来ていた。
2020年ドラフトニュース

中央大、五十幡亮汰選手が2盗塁、牧秀悟選手が3安打、阪神、ヤクルト、ソフトバンクなど5球団15人視察

中央大が横浜DeNAの2軍とプロアマ交流戦を行い、俊足が注目されている五十幡亮汰選手が2盗塁を、牧秀悟選手が3安打を記録しアピールした。この試合には阪神、東京ヤクルト、福岡ソフトバンクなど5球団15人のスカウトが視察をした。
2020年ドラフトニュース

福岡ソフトバンクのドラフトの狙い(2020)

2020年の福岡ソフトバンクのドラフト戦略を分析します。