福岡ソフトバンクがスカウト会議、ドラフト1位は桐光学園・松井裕樹投手と九共大・大瀬良大地投手、2位では捕手指名へ

福岡大, 九共大, 大瀬良大地, 梅野隆太郎, 大阪桐蔭, 森友哉, 嶺井博希, 松井裕樹, 桐光学園, 若月健矢, 花咲徳栄, 亜細亜大

 福岡ソフトバンクもスカウト会議を開き、ドラフト会議当日の指名シミュレーションを行った。

 ドラフト1位指名は桐光学園・松井裕樹投手と九州共立大・大瀬良大地投手の二人に絞ったままで、どちらかに絞ったということはなく、決定はドラフト会議当日のスカウト会議でという事になる。二人とも他球団も指名してくる事が確実で抽選となるが、その場合には昨年4球団の中から東浜巨投手の抽選を獲得した王貞治会長ではなく秋山監督が行うとの事。王会長は「去年だって本当はひくつもりなかったんだから」「監督が自分で引いて鍛えるのがいいだろう」と話したとのこと。

 またこの日はドラフト1位指名よりも、田上捕手が引退して現時点で支配下登録の選手が4人と層の薄く、しかも山崎勝己捕手が国内FA権を取得したことで去就が不透明となっている捕手についての話し合いを重点的に行ったようだ。候補には、大阪桐蔭・森友哉捕手を筆頭としているがドラフト1位で指名されることが濃厚とし、東浜巨投手と高校時代、大学時代とバッテリーを組んだ亜細亜大・嶺井博希捕手、地元の福岡大・梅野隆太郎捕手、さらに18Uワールドカップで森友哉捕手の控えだったがものの球団関係者が「実力は森に勝るとも劣らない」と評価している花咲徳栄・若月健矢捕手などが挙げられた。

 1位では投手を2位で捕手をという事が基本線だが、この方針は阪神なども同じ戦略で、場合によっては外れ1位で捕手をということもあるかもしれない。

ドラ1候補は大瀬良、松井だけど、秋山ホークス・捕手も獲る  - 西日本スポーツ紙面:2013/10/12

 

誰が引き当てる?大瀬良or松井、王会長、黄金の右引退宣言  - ニッカンスポーツ紙面:2013/10/12

 


PAGE TOP