ソフトバンク・永井スカウト部長の甲子園注目選手の評価

佐々木朗希, 奥川恭伸, 東妻純平, 井上広大, 林優樹, 武岡龍世, 黒川史陽, 香川卓摩, 前佑囲斗, 進藤勇也

西日本スポーツでは、福岡ソフトバンクの永井スカウト部長による、甲子園でプレーした注目選手の評価を掲載している。

まずは佐々木投手について

甲子園注目選手の評価といいながら、永井スカウト部長は最初に、「彼中心のドラフトになる。佐々木君にいくのか、いかないのかで変わる。」と話し、大船渡・佐々木朗希投手の話題から入った。「いいのはもうわかっているので」と話し、スカウト陣の評価としては、ドラフト1位候補の筆頭にいるとし、あとは球団が必要とするタイプかどうかという事になる。

そして今大会の逸材については、やはり星稜の奥川恭伸投手の名前が最初に挙がり、「コントロール、変化球の質、投げるレベルが高く、すでにゲームメークができる。」と話し、「佐々木君か、奥川君の将来性を取るか、各球団の方針次第」と再び佐々木投手の名を挙げ、二人を双璧とした。

他には津田学園の前佑囲斗投手について、「投手らしい投手。伸びしろも感じるし、春より全然よかった」と評価、左腕では近江の林優樹投手と高松商の香川卓摩投手に「小柄で細身の左腕ですが、2人とも指先の感覚がいいし、将来が楽しみな存在」と話した。

野手

野手では八戸学院光星の武岡龍世選手を挙げ、「ボディーバランスがいい。足もあるしセンスもある。センバツの時より、打球も飛んでいるイメージがある」と評価した。

また履正社の井上広大選手に「体に力がついて、センバツよりずっと良くなった」と評価したが「まだぼてっとした子供の体。ですから上の世界で体をつくればもっとすごくなるでしょう」と話した。

地元・九州の選手では、筑陽学園の進藤勇也捕手を上げ、「肩の強さだけじゃなく、送球の正確性、ストライク送球の確率が圧倒的に高い」と話した。また同じ捕手の智弁和歌山・東妻純平捕手についても「体は小さめだけど、打撃に力があるし、動きも速い。うちの拓也っぽいです」と評価、さらに智弁和歌山の二塁手・黒川史陽選手を「二塁、三塁が守れて、打つ方もいいのは魅力」と評価した。

2019年ドラフト指名予想
第101回(2019)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

ソフトバンク・永井スカウト部長 注目逸材 西日本スポーツ紙面 2019/8/14

 


PAGE TOP