ソフトバンク、ドラフト1位指名の井上朋也選手と仮契約、福山アマスカウトチーフ「すべてが高いレベル」

2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクは、ドラフト1位で指名した花咲徳栄の井上朋也選手と、契約金8000万円、年俸880万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

次世代の中心選手に

仮契約に立ち会った福山アマスカウトチーフは井上朋也選手について、あらためて「スピード、パワー、テクニック全てが高いレベル。次世代の中心選手に育ってほしい」と高い評価を表した。井上選手も「ホークスは走攻守全てで12球団トップクラス。3割、30本塁打を打てる選手に早く近づけるように日々頑張りたい」と話した。

井上選手は花咲徳栄で1年生からレギュラーとして出場し、高校通算50本塁打を放っている。個人的に追ってみようと考え、1年生のときから井上選手の出場する試合を20試合観たが、甲子園では一発長打をなかなか見せられなかったものの、どちらかというとヒットを打つ打撃や外野手の守備で良いプレーを見せていた。しかし、埼玉では圧巻の打球を何本も見せ、またサードでも懐が深い守備を見せており、ドラフト1位指名は確実と思っていた。

福岡ソフトバンクはベテランになるサード・松田選手の後継者として、2018年にはドラフト3位で野村大樹選手を、2017年には外野手だった増田珠選手をサードとしていけると判断し、同じくドラフト3位で指名している。野村選手も結果を出しており、井上選手にサードの定位置が自動的に転がり込むわけではなく、厳しい競争が待っている。

個人的には野村選手の精神力も非常に高く評価している。しかし、客観的な評価として高校卒業時でみると、井上選手のほうが打撃・守備・足で高い所にいると見えた。プロで2年間磨いてきた野村選手との競争が本当に楽しみだ。

ホークスは現在、12球団で最強のチームとなっている。そして次世代も最強のチームとして君臨してゆく想像ができる。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスの過去のドラフト指名一覧 福岡ソフトバンクホークス/ドラフト最新記事 以前のニュー...
福岡ソフトバンク、過去のドラフト指名一覧
福岡ソフトバンクホークス公式ページ 福岡ソフトバンクホークス掲示板 福岡ソフトバンクホークスのドラフト指名予想 福岡ソフトバンク過去のドラフト指名 3年間 投手16名(右10、左...
ドラ1井上、最年少戴冠目指す 西日本スポーツ紙面 2020/12/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント