福岡ソフトバンクがドラフト3位指名の北海高・木村大成投手と、契約金5000万円、年俸550万円で仮契約、イケメン左腕

2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクは、ドラフト3位で指名した北海高の木村大成投手と、契約金5000万円、年俸550万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

担当スカウト「郷ひろみさんに似ている」

木村大成投手は、高校生左腕で最速150キロを記録する投手で、今年を代表する高校生サウスポーとして注目された。高校2年時から球の力が注目されていたが、3年時はセンバツ、そして夏の甲子園とどんどん球が速くなる成長をみせていた。

夏の甲子園後は81kgあった体重を一度75kgまで落とし、そこからゆっくりと筋肉をつけて現在は77kg強になったという。1月の新人合同自主トレまでには、筋肉により80kgにしたいとしている。

また、福岡ソフトバンクでは「今まで安いものを使っていたが、品質が良いと聞くので」と、ダルビッシュ有投手がアドバイザーを務めるサプリメント「Yutrition」を購入し、さらに体を強くしていくという。

ボディーだけではない、福山スカウトチーフは木村投手について、「郷ひろみさんに似ている。今年はイケメンが多いが、中でも甘いマスク」とイケメンぶりを評価していた。シェイプアップされた体とイケメンの左腕の1軍の登板が今から待ち遠しい。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

先月の指名あいさつでは福山龍太郎アマスカウトチーフから、「(歌手の)郷ひろみさんに似ている。今年(の指名選手)はイケメンが多い。中でも、甘いマスク」と持ち上げられた左腕。スカウト一押しのイケメンに、屈強な肉体が加われば鬼に金棒だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント