東北楽天のドラフト2位指名、愛知大の安田悠馬捕手が契約金7000万円、年俸1100万円で入団合意

2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、ドラフト2位で指名した愛知大・安田悠馬選手と、契約金7000万円、年俸1100万円で入団に合意したと発表した。

スポンサーリンク

185cm105kgの捕手

安田悠馬選手は、185cm105kgの捕手で、愛知大学リーグでは2部ながら、オープン戦なども含めて大学通算32本塁打を記録した。大学屈指の左の強打者として東北楽天がドラフト2位で指名している。

非常に明るい性格で、山川選手のようなチームを盛り上げるスラッガーとして期待される。東北でプレーすることについても「非常に寒いと聞いて。筋トレをして内側から温めていこうかなと思います」と話し、「汗かいたりするので、あんまり厚着は。一年中通して、半袖短パンでいたいタイプです」と笑った。

大学時代は1年時からトレーニングジムでアルバイトをし、3年からは居酒屋のアルバイトも追加した。トレーニングジムでは「まかないが筋トレなので、助かりました」と、働きながら体を鍛え上げた。

打撃のある捕手は貴重で、埼玉西武の森選手のような形で、捕手としてもチームの中心打者として猛打を見せる選手になりたい。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

185センチ、105キロの屈強ボディの愛されキャラは「(仙台は)非常に寒いと聞いて。筋トレをして内側から温めていこうかなと思います」と珍宣言。基礎代謝アップで寒さを乗り切る決意を示した。寒さは苦手だが「汗かいたりするので、あんまり厚着は…。一年中通して、半袖短パンでいたいタイプです」と言う。これから寒さの厳しくなる新天地へ、ダウンジャケットは持参するか問われると「いや一応、持っていきます」と即答し、報道陣を笑わせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント