埼玉西武、唐津商・北方悠誠投手をリストアップ!

菅野智之, 藤岡貴裕, 東洋大, 東海大, 北方悠誠, 唐津商

埼玉西武は夏の甲子園で153kmをマークした、唐津商・北方悠誠投手を上位にリストアップしている事がわかった。球団関係者は「あれだけ球が速いのは魅力」と素質の高さを評価、高校時に154kmをマークした菊池雄星投手が素質の高さを元にブレークしたこともあり、次世代の右の速球派投手として期待をしている。

北方投手については父親が元福岡ダイエーの中継ぎエースだった、故・藤井将雄投手の後援会会長を務めていた事もあり、福岡ソフトバンクと強い繋がりがあるものの、プロ志望で他球団に指名されてもプロ入りすると思われる。ドラフトでは上位で即戦力選手の指名が予想されており、2位~3位にかけて、この夏に活躍した高校生投手をどの球団が指名してくるのかも注目ポイントとなる。

埼玉西武のドラフトについては、前田康介球団本部長が「ドラフト直前までさまざまな形で検討していく」と例年通りドラフト当日まで指名選手の決定はないだろう。その中で、ドラフト1位選手については、即戦力投手、右腕なら東海大・菅野智之投手、明治大・野村祐輔投手、左腕なら東洋大・藤岡貴裕投手、高校生なら宮崎日大・武田翔太投手、野手なら慶大・伊藤隼太選手、ポスト中島なら東海大甲府・高橋周平選手が上がってくる。チーム状況を見てドラフト直前に指名選手を決定する事になりそうだ。埼玉西武のドラフトは直前まで分からない。

  •  - 

  • PAGE TOP