埼玉西武の2019年ドラフト指名選手:担当スカウトとその評価など

埼玉西武のドラフト会議指名選手の、担当スカウトによる評価、詳細です。

1位・宮川哲 東芝 投手 177cm83kg 右右

担当スカウト:竹下潤

スカウトの評価:躍動感溢れる投球に加え、パワーも兼ね備える。変化球にキレがあり気持ちも強く即戦力として期待。

紹介:上よりもやや低い位置から154キロの速球と、縦に沈みタイミングを外す球を投げる。大学に入ってから投手に専念すると、3年、4年で大学のエースとなり大学野球選手権では2年連続ベスト4入り。しかしプロ志望届を提出したが指名はなく東芝に進んだ。この時に順位縛りなどはなかったという。東芝では2年目でさらに球速を伸ばし、投球内容は良くなかったものの、そのスピードに注目された。

2位・浜屋将太 三菱日立パワーシステムズ 投手 175cm77kg 左左

担当スカウト:竹下潤

スカウトの評価:左のロークウォーターから、145km前後のキレのあるストレートと、スライダーが持ち味の投手。

紹介:148キロの伸びのあるストレートと大きく曲がるスライダーが武器、樟南高校時代は球速も130キロ台て技巧派だったが、三菱日立パワーシステムズに入ると体重が20kg増えて球速もアップした。成長じたいは3年目に急に伸びてきた所があり、これからも成長が期待される。

3位・松岡洸希 武蔵ヒートベアーズ 投手 180cm81kg 右右

担当スカウト:鈴木敬洋

スカウトの評価:右サイドからのパワーピッチャー。若さ溢れる投球が魅力。可能性は無限大。

紹介:サイドハンドで腕をたたんで伸びてくるようなしなやかな使い方ができる。球速は148キロで外角が多いもののそれでもバッターは空振りをする。高校時も140キロを超す球を投げるも内野手としてプレーしたが、BCリーグではサイドハンドにして急成長、今年はプロ2軍との交流戦で好投を続けた。

4位・川野涼多 九州学院高 内野手 178cm78kg 右両

担当スカウト:高山久

スカウトの評価:スイッチヒッターの内野手。走攻守バランスが良く、特にスローイングが安定している。将来性のある選手。

紹介:50m5.9秒の俊足選手だが、パワーも付いてきて左右にホームランを打ち込む。ショートとして送球が安定している、可能性が大きい遊撃手。

5位・柘植世那 Honda鈴鹿 捕手 174cm83kg 右右

担当スカウト:安達俊也

スカウトの評価:フットワーク・インサイドワーク・守備力の良い選手。即戦力として期待できる。

紹介:健大高崎で3季連続甲子園出場、捕手の技術の高さに注目された。社会人でも常に注目捕手と評価され、4年目となった今年にプロ入りとなった。

6位・井上広輝 日大三高 投手 181cm82kg 右右

担当スカウト:竹下潤

スカウトの評価:ストレートに力があり、球種も多くコントロールが良い。先発型で将来性のある投手。

紹介:高校2年春のセンバツで140キロ中盤の速球とスライダーを武器と、バランスの良いフォームが注目され、2年夏には150キロを記録し奥川投手と並び注目された。その秋に右腕の故障をし、その後、冬にキューバ遠征などで投げたが、今年夏も140キロ中盤の速球を投げ、スライダー、など一通りの変化球も見せたが、しっかりと抑えるピッチングができず、本来のフォームや投球をまだ取り戻せていなかった。

7位・上間永遠 徳島インディゴソックス 投手 180cm79kg 右右

担当スカウト:鈴木敬洋

スカウトの評価:質の良いストレートを投げ込む伸びしろのある投手。

紹介:148キロの速球を投げるが、持ち味は140キロのキレの良い球とカーブ、スライダー、カットボール、フォークをテンポよく投げて抑える。今年は先発の一角として防御率1.40をマーク。

8位・岸潤一郎 徳島インディゴソックス 外野手 175cm78kg 右右

担当スカウト:鈴木敬洋

スカウトの評価:足が速く、スピードを生かしたプレーが魅力。

紹介:明徳義塾時代はエースと4番で4度の甲子園に出場、146キロを投げ注目された。拓大でも期待されが途中で退部し徳島に入団すると、50m5.8秒の俊足を生かし、盗塁王に輝いた。

育成1位・出井敏博 神奈川大 投手 185cm70kg 右右

担当スカウト:竹下潤

スカウトの評価:肘の使いが柔らかく将来性のある本格派右腕。

紹介:体の大きな右腕だが線が細く、球速はまだ130キロ台。伸びしろを評価された。


PAGE TOP