西武ドラフト4位・若林楽人選手が仮契約、今秋4本塁打で開花し足も魅力

2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト4位で指名した若林楽人選手と、契約金4000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。パンチ力と抜群の足を持ち、活躍が期待される。

スポンサーリンク

高い身体能力と取組の姿勢

何度でも書くが、若林楽人選手は50m5.8秒の足と抜群の肩を持ち、駒大苫小牧時代から高い身体能力が注目されていた。しかし駒沢大にすすむも、打率が1割台が続くなど、打撃に悩んでいた。

しかし、その打撃について下級生の頃から、練習を視察にきた元プロ野球選手のOBなどに熱心に聞き、課題の克服に取り組んでいた。その姿勢を評価されたのだろう。打率が高くなくても起用をされ続け、4年時には主将に指名された。

そして今年秋のリーグ戦で4本塁打を放ち、ようやく努力が花開き、ドラフト会議で4位指名と実を結んだ。取り組む姿勢が評価されたことで起用され続け、それにしっかりと答えて見せた。

パンチ力もあるが、特出すべきはその足で、盗塁のタイムは中央大から北海道日本ハムドラフト2位の五十幡亮汰選手と互角のタイムを記録する。パンチ力と足で、外崎選手のような活躍もできるのではないかと思う。

プロでもその姿勢を変えず、パンチ力と足は魅力十分なので、プロのスピードに対応して打率を残せるようにしたい。それができれば名選手となっていくだろう。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ
埼玉西武ライオンズ公式ページ 埼玉西武ライオンズ掲示板 埼玉西武ライオンズの過去のドラフト指名一覧 埼玉 西武ライオンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
西武4位、駒大・若林「球界を代表する選手」へ 「ワカパンチ」で外崎の道! - スポニチ Sponichi Annex 野球
 西武からドラフト4位で指名された駒大・若林楽人(がくと)外野手(22)が17日、都内で入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸1000万円で合意。「球界を代表する選手になりたい」と目を輝かせた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント