DeNA、ドラフト1位指名の入江大生投手に背番号22を用意

2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト1位で指名した入江大生投手に、背番号22を提示することがわかった。

スポンサーリンク

近日中に仮契約

入江大生投手は187cmの長身から153キロの速球と落差のあるフォークボールを投げ、ドラフト会議では単独1位指名された。横浜DeNAはその入江投手に、大魔神・佐々木主浩投手のつけていた背番号22を提示する。

佐々木投手は150キロ台のストレートと落差のある代名詞となったフォークボールで、抑えとして1998年の日本一に貢献、メジャーリーグでもリリーバーとして活躍を見せた。背番号22は佐々木投手の誕生日、2月22日にちなんでつけられたものだが、横浜ベイスターズでも、MLBのマリナーズでも22をつけていた。

背番号22は本来は番長・三浦大輔投手の18と同じように、もっと貴重に扱われても良いようなものだが、佐々木投手がMLBに移籍した際にベタンコート投手が着け、その後も吉見祐治投手(2000年逆指名)、高崎健太郎投手(2006年希望枠)、熊原健人投手(2015年2位)と、ドラフト上位で指名された投手がつけていた。

近日中に仮契約を結ぶ予定で、その時に背番号22が発表される。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧
横浜DeNAベイスターズ公式ページ 横浜DeNAベイスターズ関係スレッド型掲示板 横浜DeNAベイスターズドラフト指名予想 横浜DeNAベイスターズ過去のドラフト指名 過去3年間:投...
DeNA ドラ1・入江に“大魔神”背番号「22」用意 19日の仮契約交渉で提示へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAがドラフト1位指名した明大・入江大生投手(22)に背番号「22」を用意していることが18日、分かった。19日に予定している仮契約交渉の場で提示する。球団では「大魔神」と呼ばれた佐々木主浩らが背負った偉大な番号を受け継ぎ、プロ生活をスタートさせる。
【DeNA】ドラ1入江大生“大魔神”背番「22」に決定 153キロ右腕フォーク「武器」
 DeNAのドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=の背番号が「22」に決定したことが18日、分かった。球団では日米通算381セーブのレジェンド・佐々木主浩氏(52)が背負った番号。入江は先発として
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント