千葉ロッテ、学法石川の大友祥之内野手を指名へ

学法石川, 大友祥之

 千葉ロッテは学法石川の大友祥之選手を指名する。

 大友選手は右打ちの内野手で、遊撃手の守備力では高校生の中でトップクラスの評価もある選手。中学時代には、聖光学院の園部聡選手や、常総学院の内田靖人選手と同じチームでプレーし、二人にはライバル心を燃やす。

 千葉ロッテは右の内野手を補強ポイントとしており、上武大・三木亮選手など即戦力や、東海大甲府・渡辺諒選手などをリストアップしているが、二人とも他球団も獲得を目指しており、獲得できるかはわからない。

 その二人の指名に関わらず、大友選手はドラフト下位か育成ドラフトで指名することが予想されるが、上位で内野手を獲得できなかったときは、必ず指名したい選手だろう。

 ロッテは24日のドラフト会議で、福島・学法石川の大友祥之(しょうの)遊撃手を下位指名候補としてリストアップしていることが分かった。

 大友は楽天の上位候補となっている園部(聖光学院)と同じ「いわき松風クラブ」出身で、走攻守そろった内野手として評価を集めていた。右打ちの内野手というのもロッテの補強ポイントと一致する。華麗なプレーに加え、甘いマスクにも定評があり、プロ入りすれば話題を集めることになりそうだ。


PAGE TOP