千葉ロッテドラフト2位の佐藤都志也捕手、契約金7000万円、年俸1200万円で入団合意

佐藤都志也

千葉ロッテはドラフト2位で指名した東洋大・佐藤都志也選手と、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。佐々木投手と最優秀バッテリー賞目指す。

大学屈指の打撃と強肩

佐藤都志也捕手がこの日、川越市の川越プリンスホテルで入団交渉に臨んで合意した。佐藤選手は福島県出身で聖光学院では1年生から捕手としてマスクを被り、2年夏、3年夏の甲子園に出場をした。強肩が注目されプロ志望届を提出して指名を待ったもののドラフト会議で名前が呼ばれず、東洋大に進んだ。

東洋大では2年生から一塁手として出場し、春のリーグ戦で打率.483を記録して首位打者となると、春秋共にベストナインに輝いた。3年春には打率.358と共に4本塁打を放つと、侍ジャパン大学代表入りし、日米大学野球、ハーレム国際大会に出場した。

U18代表との壮行試合ではライトを守ったが、試合前の練習で強烈なバックホームを見せて大勢の観客に肩を見せると、試合でも三塁にレーザービームを送りランナーを刺して強肩に注目された。

大学4年春は打率.306、1本塁打だったものの捕手で初のベストナインとなり、2年連続で侍ジャパン大学代表入りをした。

東北出身バッテリー

入団に合意した佐藤選手は、おそらくこれから球を受けていくことになるであろうドラフト1位指名の163キロ右腕・佐々木朗希投手について、「佐々木君の球はまだ受けていないけど、見た感じ凄そうな投手。いいところを引き出していきたい」と話し、「最優秀バッテリー賞があるのは初めて知りました。獲ってみたい。」とバッテリーで受賞を目指す。岩手県出身の佐々木投手と、福島県出身の佐藤選手という事もあり、「同じ東北だし、環境も似ている。」と話す。

佐々木投手の球を受けるという事は、チームの正捕手となっていなければならない。「まず開幕1軍。結果を出しトリプルスリーも目指したい」と打撃と共に50m5秒台の足もある佐藤選手にとって、それらアピールするとその分、外野や一塁での起用という声が出てくる事になってしまう。そのためには捕手としての技術をさらに磨いて、田村選手をしのぐ必要がある。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

「最優秀バッテリー賞があるのは初めて知りました。獲ってみたい。佐々木君の球はまだ受けていないけど、見た感じ、凄そうな投手。いいところを引き出していきたい」。


PAGE TOP