【独自の評価で単独1位指名】1位、2位はイメージ通り、3位は「シミュレーション以上」の廣畑投手を獲得

2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

ドラフト会議を終え、千葉ロッテの井口監督は満面の笑みを浮かべ「100点満点以上のドラフトだった」と評価した。

スポンサーリンク

シミュレーション通りの1位、2位指名

井口監督は「シミュレーション以上。100点満点以上のドラフトだったんじゃないかと思います。と話した。

ドラフト前にシミュレーションを行い、確実に獲得したかった松川虎生選手の単独2位指名と、2位・池田来翔選手は、他球団の指名よりも1ランク上で指名をし、予想通りの指名となったと見られる。「先手先手でドラフトできたんじゃないかと、今回は思います」と話した。

千葉ロッテは2018年に藤原恭大選手、2019年に佐々木朗希投手、2020年に早川隆久投手を指名し、藤原投手と佐々木投手を獲得、2020年も外れ1位の鈴木昭汰投手を抽選で獲得している。競合を恐れず、抽選にも怖さのない球団だが、今年は松川選手の単独1位指名で行った。

今年、ドラフト候補として評価されていたのは高校生右腕と大学生左腕投手。しかし千葉ロッテは佐々木朗希投手と、昨年に2位で中森俊介投手を指名しており、エース格となる高校生右腕はやや満腹気味だった。そして左腕投手は、まだ足りないものの小島投手が活躍しており、昨年の鈴木投手に続いて2年連続で指名するほどではないと判断した。

逆に捕手については2019年に佐藤都志也選手を2位で指名し、育成も含めて3年連続で指名をしているが、特に打撃でチームに貢献できる選手が出てきておらず、今年もシーズン途中に加藤捕手を中日から獲得した。若い層の選手も少ない事もあり、打撃のある松川虎生選手はどうしても欲しかったのだろう。

また2位の池田選手も「去年の牧みたいなイメージ。二塁、三塁といけると思います」と、千葉ロッテのスカウトが評価していた印象を、井口監督も共有した。「この2人を確実に取れたことが本当に良かった」と安堵の表情もみせた。

シミュレーション以上の3位指名

そして井口監督が驚いたのは3巡目、我々はドラフト1位で考えていた選手」という廣畑敦也投手が残っており、シミュレーション以上の想定外の3位指名となった。これは他球団も同じように欲しい選手を優先させ、本来の評価よりも上の順位で指名した結果で、ラッキーそのものだった。

4位でも将来が小島投手や鈴木投手の次世代として育てたい左腕・秋山正雲投手を、5位でも150キロを超す球を投げる八木彬投手を指名、井口監督は「基本的には中継ぎでとは思っていますけど、2人ともパワーピッチャーなので、キャンプからいろいろ適性を見ていきたい」と話し、廣畑投手も含めて適正を見ていく。

強打の捕手と内野手、そして最も即戦力と評価される廣畑投手を獲得し、充実したドラフトとなった。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
千葉ロッテマリーンズ、過去のドラフト指名一覧
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想 千葉ロッテ過去のドラフト指名 過去3年間 投手13(右9、左4)、野手12(捕5、...
【ドラフト】ロッテ井口監督「100点以上」先手先手で大満足/一問一答 - プロ野球 : 日刊スポーツ
ロッテ井口資仁監督(46)は11日、ドラフト会議を終え「シミュレーション以上。100点満点以上のドラフトだったんじゃないかと思います。先手先手でドラフトできた… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント