【独自の評価で単独1位指名】オリックス・福良GMの考える、強くなったチームの補強戦略

2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

当初、オリックスのドラフト1位指名予想は、小園投手や森木投手など高校生投手が多かった。しかし、蓋を開けてみると、徹底的な即戦力ドラフトだった。

スポンサーリンク

覇者として

パ・リーグの首位を走るものの、まだ優勝が決まっていないが、現時点で首位を走るチームとしてのドラフトの形が問われた。

オリックスは2016年にドラフト4位で指名した山本由伸投手が大当たりし、球界を代表するエースとしてチームを牽引する。福良GMがまだ監督として指揮を取っていた前フロント時代、2015年あたりからドラフト4位当たりで有望な高校生を指名し始め、その2年目で指名をしていた。育成指名を多くしたのも2015年からで、オリックスの変革の年と見られる。

その頃の福良監督は、フロントとぶつかり、2016年には田中正義投手ではなく、単独で確実に獲得できる山岡泰輔投手に指名を変えさせた。また、清宮選手や中村奨成選手などのいた2017年も田嶋大樹投手を指名させ、即戦力投手路線を走った。

その福良監督が2018年のシーズンで退任し2019年からフロントとして責任ある立場になると、一変してドラフト上位で高校生を指名する。2019年のドラフト会議では宮城大弥投手と紅林弘太郎選手を1位2位で指名、2020年は山下舜平大投手、元謙太選手、来田涼斗選手で1,2,3の指名をした。

今年、宮城選手、紅林選手が高卒2年目で1軍を引っ張る戦力となり、優勝に向かって突き進む。今後、連覇のできるチーム作りをどうするのかがポイントで、高校生が育ってチームの主力となっている状況から、高校生指名を続けると予想していた。

しかし、今年のドラフト会議では1位で椋木蓮投手、2位で野口智哉選手、3位で福永奨選手、4位で渡部遼人選手と、投手・内野手・捕手・外野手の即戦力を1人ずつ指名していった。覇者として選手層を厚くする方針を選択し、福良監督は「本当に満足のいくドラフトができたと思います」と話した。

伏見捕手、紅林選手や安達選手、吉田選手、杉本選手が活躍するチームだが、これらの選手が来年、気を緩めないようにするための指名と考えて良いと思う。特に投手陣は、椋木蓮投手に6位で横山楓投手、7位で小木田敦也投手と、社会人の実力派投手を指名し、ベテランのリリーフ陣も含め、今年活躍しても来年はこれらの選手に枠を奪われるかもしれない。福良GMの考える、強くなったチームの補強戦略だった。

この戦略で来年どのような結果になるか、そして5年後はどうなるか、しっかりと見たいケースとなる。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
オリックスバファローズ、過去のドラフト指名
オ リ ッ ク ス バファローズ公式ページ オ リ ッ ク ス バファローズ ドラフト掲示板 オ リ ッ ク ス バファローズのチーム世代表 オ リ ッ ク ス バファローズの過去のドラフト指名 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント