【独自の評価で単独1位指名】楽天・石井GM「一緒にやれる選手」を順位を繰り上げて指名

2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は1位で高校生外野手の吉野創士選手、2位で愛知2部リーグでプレーする愛知大・安田悠馬捕手、3位で三島南の前田銀治選手と、他球団が驚く指名を連発した。

スポンサーリンク

GM石井として

監督兼任となった石井GMは、ドラフト前から、「僕がGMや監督となっているのは短い。楽天にとって良い選手を」と即戦力ではなく、将来も見たチーム作りを意識していた。

この日も「監督としてはバリバリの即戦力が10人欲しい。でも、もっと大事なのが中長期的にチームを支えられる選手が必要だ、と監督じゃない僕が判断した」と、GMの石井氏によって、素材型の選手を指名していった。

狙いは「各球団、投手中心のドラフトになったんじゃないかと思う。野手が少ないという部分があったので、野手と投手のバランスは非常に難しかった」と野手の獲得だった。他球団が投手を指名する間隙をついて、他球団が投手を獲得した後で欲しいと思っていたと見られる吉野創士選手、愛知大・安田悠馬捕手、三島南の前田銀治選手を3位までに指名した。

吉野選手については「柱になれる打者。覚悟を決めて高校生を1位で指名した」と話し、安田選手には「飛ばす能力や広角に大きく打てる。捕手だけでなく三塁、外野も守れる」と評価した。

ドラフト指名後の評価は石井GMもわかっていたが、「名前がよく分かる選手の方が想像はしやすいのかもしれない。この選手に来てほしいというのが今日のメンバー」と話し、入念にチェックをした上での指名だった。そして「各球団いろんな思惑や作戦がある。いろんなことを考えないといけない中で、非常に良いドラフトになった」と笑顔をみせた。

選手として評価は分かれる

上位3選手は、評価は分かれる選手で、2位で狙うような球団も合ったと思うし、もしかするとドラフト下位まで残っていたかもしれない。それでもとにかく欲しい選手を純粋に指名していったという印象だった。

ドラフト直後の評価は厳しいものになるかもしれないが、今後、上位3人の選手が球界を代表するスラッガーとなることで、その頃には監督やGMを退任しているかもしれな石井氏がほくそ笑むような事があることを期待したい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント