東京ヤクルト、ドラフト2位の西浦直亨と仮契約、背番号は3

西浦直亨

 東京ヤクルトはドラフト2位で指名した法政大の西浦直亨選手と仮契約を結んだ。契約金7000万円、年俸1200万円。

 

内野手の補強

 東京ヤクルトは投手と内野手の補強を方針に掲げてドラフト会議に臨み、ドラフト2位では12球団中2番目の指名順で、ドラフト1位に挙げられていた即戦力投手も残っていたが、わき目も振らずに西浦直亨選手を指名した。

 西浦選手は天理高校時から長打を打てる遊撃手として注目された選手で、法政大では4番を打ち今春のリーグ戦では打率.320、3本塁打を記録している。ホームランはいずれも痛烈な打球で、ホームランアーチストというよりは鋭い打球のパワー系の選手だ。

 しかし秋は打率.189、1本塁打に終わり、昨年の秋も打率.190と低迷していて、大学通算では打率.240、6本塁打となった。まだ打撃には好不調の波があり、確実に自分のものになっているような感じではなく、プロでは少し時間が必要だろう。

 しかし、守備に関しては1軍で1年目からできると思わせる守備範囲と強肩を持っている。西浦選手は「将来的には背番号6をつけられるくらい頑張りたい」とポスト宮本に向けて進んでいく。宮本選手のように、守備で評価されて試合に出場することで、打撃の成績も上がっていくと思う。

 ヤクルトからドラフト2位指名された法大・西浦が契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。

 背番号は3。ドラフト1位右腕の 杉浦(国学院大)らとともに 1軍キャンプ同行が決まり「1年目から活躍 するという気持ちでやる。開幕1軍を目指します」。今季限りで引退した宮本に代わる逸材として期待される内野手のホープは「将来的には背番号6をつけられるくらい頑張りたい」と抱負を語った。


PAGE TOP