ヤクルト、ドラフト6位の鈴木裕太選手にあいさつ、「これだけのスケールの投手はいない」

日本文理高, 鈴木裕太

東京ヤクルトは、ドラフト6位で指名した日本文理高の150キロ右腕・鈴木裕太投手に、橿渕編成部次長、丸山スカウトが指名あいさつを行った。

潜在能力を評価

鈴木裕太投手は最速150キロを記録する投手で、甲子園でも登板したものの、なかなか評価が上がってこない投手の一人だった。ドラフト会議でも6位での指名となったが、橿渕次長は「球の速さ、強さはうちに少ないタイプ」と評価すると、丸山スカウトも「他県にもこれだけのスケールの投手はいない」と高い評価を伝えた。

鈴木投手は中学時に140キロ中盤の速球を投げ、新潟のスター候補として日本文理に鳴り物入りで入学した。2年時には140キロ後半を記録すると3年時に150キロを記録した。

2年生で夏の甲子園に出場し、初戦の鳴門渦潮戦で先発したものの3回途中で2失点して降板し、今年は春も夏の甲子園も出場を逃した。甲子園に出場していれば他球団の評価もさらに高くなったかもしれないが、まずはドラフト会議で指名され、評価はプロで高めていけばいい。

鈴木投手は高い評価を聞き、「自信のある直球を見てもらってうれしいです」と話すと、目標とする選手に小川泰弘投手を挙げ、「教わっていきたい」と話した。新潟出身の選手は地元から熱い期待を送られる。新発田農から巨人に入りプレーした加藤健捕手や、横浜DeNAの飯塚悟史投手などがおり、飯塚投手は今年、新潟での凱旋登板がようやく実現し、温かい声援を送られた。

鈴木投手も「1軍のマウンドに上がって新潟のみなさんに恩返しをしたい」と話した。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

橿渕次長は「球の速さ、強さはうちに少ないタイプ」、丸山スカウトも「他県にもこれだけのスケールの投手はいない」と最速150キロの鈴木の潜在能力を絶賛し、指名理由を明かした。鈴木も直接評価を聞いて「自信のある直球を見てもらってうれしいです」と話した。


PAGE TOP