ヤクルトがドラフト5位指名の並木秀尊選手と仮契約、大学のリーグで盗塁失敗無し

2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース

東京ヤクルトは、ドラフト5位で指名した独協大の並木秀尊選手と、契約金3300万円、年俸750万円で仮契約を交わした。背番号は0に決定した。

スポンサーリンク

盗塁王目指す

パリーグでは福岡ソフトバンクの周東選手を始め、千葉ロッテの和田選手などが俊足でチームに勝利を導いている。そこに北海道日本ハムドラフト2位の五十幡亮汰選手も加わり、高いレベルでの盗塁王争いが繰り広げられる。

セリーグでは阪神の近本選手が、ルーキーイヤーの昨年に36盗塁、今年は31盗塁で2年連続盗塁王に輝いているが、並木秀尊選手はそこに挑戦できる選手だ。50mの手動計測で5秒32を記録し、五十幡選手よりも速い記録を出して驚かせた足は、首都大学リーグ2部では23盗塁を決め、失敗は4年間でなかった。

大学のレベルもそれほど低くはない。それでも「今まで以上に取り組んでいかないと、盗塁王には届かない。コツコツと練習して技術を高めていきたい」と話し、盗塁王になるために細かい技術を積み重ねていく。

背番号は0に決まった。2部リーグでは打撃でも結果を残しているものの、やはり課題となってくる。出塁する技術を磨いて行くことができれば、盗塁王はついてくると思う。

並木選手は「与えられた試合は必ず盗塁したい」と力強く話した。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
50m走ランキング-2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ヤクルト・ドラ5並木、盗塁王の近本に挑戦状!仮契約で誓った/デイリースポーツ online
 ヤクルトからドラフト5位指名された並木秀尊外野手(21)=独協大=が27日、埼玉県草加市の同大学で入団交渉に臨み、契約金3300万円、年俸750万円で仮契約を結んだ。プロで生き抜くための武器は「足」。2年連続で盗塁王に輝いた阪神・近本に挑戦状をたたきつけた。 50メートル走の手動計測で、5秒32と驚異的な数字をたたき...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント