阪神・矢野監督、ドラフト1位・佐藤輝明選手を外野で起用

2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神の矢野監督は、テレビ番組でドラフト1位指名の佐藤輝明選手について、外野手で起用していくことを明言した。

スポンサーリンク

大山を超えて奪い取ればいい

矢野監督は、佐藤輝明選手について、「僕は外野を考えています。」と話し、外野手として起用することを明らかにした。佐藤選手はサードで瞬発力の高い守備も見せ、本人も内野手としてプレーすることを希望している。

阪神は今年、28本塁打を放ってホームラン王争いをした大山選手がサードでプレーする。1年目から起用され、守備も安定感を見せている。矢野監督は大山選手と佐藤選手を併用するために最初は外野手としたが、「三塁をやりたいという気持ちは持っていていい。大山の守備力、打撃、それを超えて奪い取ればいい」と話した。

また、佐藤選手には、「小さいところを目指してもおもしろくないし、夢はでっかくいってもらった方がいい」と、目標としている40本、40盗塁を達成することを期待している。ホームランだけでなく足も見せられる佐藤選手、3番・佐藤、4番・大山の打線が今から楽しみだ。

阪神タイガースのドラフト指名予想
阪神タイガース公式ページ 阪神タイガース関連のドラフト掲示板 阪神タイガースの過去のドラフト指名一覧 阪神タイガース/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
【阪神】矢野燿大監督がドラフト1位・佐藤輝のポジション断言「外野で考えています」
 阪神・矢野燿大監督(51)が27日、サンテレビの「熱血タイガース党」に生出演し、ドラフト1位の近大・佐藤輝明内野手(21)の外野起用を断言した。大学では三塁を中心に内外野をこなしていたが「僕は外野を
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント