阪神、チーフスカウトを設置、畑山統括スカウト補佐が就任

2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神はチーフスカウト職を設置し、畑山統括スカウト補佐が就任する。

西東京・関西を担当

阪神はスカウト部門に15年ぶりにチーフスカウト制を設置し、今年まで統括スカウト補佐として活動した畑山氏が就任する。畑山氏は今年、西東京と近畿の両地区を担当し、主に早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手を視察してきた。そして来年もこの二人を密着マークする事が決まっており、その権限を明確にするための組織変更とみられる。

佐野統括スカウト、畑山チーフスカウトを中心に、アマチュア選手の評価とドラフト会議に向けた選手の絞り込みなどをしていく。

今の時点でのスカウト一覧

役職スカウト担当
統括スカウト佐野仙好 
チーフスカウト(統括スカウト補佐より)畑山俊二西東京・近畿
アマスカウト担当ディレクター永吉和也 
アマスカウト熊野輝光関西
アマスカウト山本宜史関西
アマスカウト葛西稔北海道、東北
アマスカウト平塚克洋関東
アマスカウト田中秀太九州
アマスカウト吉野誠関東・東海
アマスカウト(新任)筒井和也東海
退任北村照文関東・東海
退任中尾孝義東日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント