東海大甲府・高橋周平選手、12球団どこでも行く!12日にプロ志望届提出へ!

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース プロ志望 阪神ドラフトニュース

高校生NO1内野手、東海大甲府・高橋周平選手が12日にもプロ志望届を提出することがわかった。

高橋周平選手は高校通算71本塁打を記録し、また内野手としても評価が高く12球団がドラフト1位でなければ獲れないと評価をしており、東京ヤクルトなどがドラフト1位候補に挙げている大型内野手で、先日開催されたアジアAAA選手権では木製バットで横浜スタジアムのスタンドに叩き込みアジアのMVPとなった。

高橋選手は「プロ入りは小さい頃からの夢。指名してもらえれば、12球団どこでも行くつもり」と高校生は希望球団を口にできない規定もあるが、12球団OKの姿勢を見せた。すでにプロ入り後についても「毎年、3割30本くらいの結果を残して、長く愛される選手になりたい」と話し、活躍する姿を思い描いている。

  •  - 
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page
  • コメント