阪神、BIG4のうち2人を獲得、横浜高・東海大相模の選手も一挙獲得

及川雅貴, 遠藤成, 井上広大, 西純矢

阪神はドラフト1位ではBIG4の星稜・奥川恭伸投手の指名をしたものの抽選で獲得できなかったが、変わりに西純矢投手、及川雅貴投手というBIG4の2人を獲得した。

高校BIG4

今年のドラフト戦線では大船渡の佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園の西純矢投手、横浜高の及川雅貴投手が高校BIG4として注目をされていた。その中で佐々木投手と奥川投手が頭一つ抜き出た形となっていた。

阪神はその中から奥川投手を1位指名をしたものの、奥川投手の当たりくじは同じリーグの東京ヤクルトの手に渡った。そして外れ1位で指名したのが、西投手の縁戚でもありBIG4の一人・西純矢投手だった。

おそらく西投手にも指名が競合すると予想していたと思うが、まさかの競合無しとなり、BIG4の一角を手中に収めた。ただしそれだけでは飽き足らず、2位では奥川投手からホームランを放って甲子園の決勝で星稜に勝利し優勝した履正社の井上広大選手を指名、そして3位ではBIG4のもう一人・及川雅貴投手を指名した。

矢野監督は西投手について、「タイガースファンがめっちゃ好きそう。俺よりすごいガッツポーズするやん」と話す。西投手は2年生夏の甲子園に出場し、マウンド上で雄たけびをあげ、高野連から注意を受けるほどだった。しかし、この強気は甲子園のマウンドに合っている。奥川投手はやや繊細なところがあり、阪神ファンの真ん中で投げるのはどうかと思っていたが、西投手はヤジにも向かっていけるような強さを持っている。

また、矢野監督は亡くなった星野仙一氏について話し、故郷の岡山の西投手を指名したことで「星野さんに似てるもんな。奥川君は高津監督に取られたけど、星野さんが、西で良かったんじゃないかってね」と話し、闘志をむき出しにしてプロ野球で君臨した星野仙一氏と西投手を重ねた。

また及川投手については、「高橋遥みたいな球を投げられる」と話し、先発左腕として期待をしている。BIG4のうち3人はドラフト1位指名をされたが、一人3位指名となった及川投手は「同じ世界に来ている。追い越したい3人です」と話した。及川投手は甲子園に3度出場をしているが、「うれしい気持ちもあるし、悔しい気持ちもある」と、満足いく投球ができなかった甲子園に借りを返す思いを持つ。「今までは高校球児としてマウンドに立つ場所が、ホームグラウンドになる。すぐに1軍に上がれるように頑張りたいです」と話した。

甲子園のスターがそろう

また4位では東海大相模の遠藤成選手を指名し、ライバル横浜高校のエースと東海大相模のエースが同じチームとなる。遠藤選手は阪神でイメージする選手に、同じ左バッターの福留選手を挙げ、「40歳を超えても打線の中心にいる。強い心の持ちようとかをお聞きできれば」と話した。また、145キロを記録する強肩があり、またU18代表では外野を守ったが、「一番はショートで勝負できれば」とショートで挑戦したいと話した。

2位で指名した履正社の井上選手も「一振りで流れを変える打者、40本以上を必ず打ってホームラン王になりたい」と話した。5位でも中京学院大中京の捕手として甲子園を沸かせた藤田健斗捕手を獲得。甲子園で活躍した高校生の中から、右投手、左投手、右の大砲、捕手を指名し、奥川投手の抽選を外したものの、それを忘れさせるような、ファンも喜ぶような華のあるドラフトの指名となった。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧


PAGE TOP