九共大・川満寛弥投手、6回までノーヒット!2安打10奪三振1失点

川満寛弥, 九共大, 大瀬良大地

昨日阪神がマークしていると報道された、九共大の左腕・川満寛弥投手が明治神宮大会初戦の函館大戦で先発すると、6回までノーヒットピッチングを見せ、結局7回を投げて2安打10奪三振1失点の好投を見せた。

140km前後のキレの良いストレートと大きなカーブ、鋭いスライダーなど緩急を織り交ぜ完成度の高いピッチングだった。

また2年生の大瀬良大地投手が8回からリリーフのマウンドに上がると150kmをマークしたストレートで2回をノーヒット1死球3奪三振のピッチングをみせた。こちらは2013年のドラフト注目候補として早くもプロがマークしている。

  •  - ” target=”_blank”>を見てください。


  • PAGE TOP