阪神・矢野監督、佐藤輝明選手を引き当てるも、「高校生も魅力のある選手がいたんだけど先に・・・」

2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神の矢野監督は、今年のドラフトの目玉・佐藤輝明選手の抽選を引き当て、「なんか興奮しているね」と話した。その一方で採点については「100点に近い」と歯切れが悪かった。

スポンサーリンク

はまるなら外野

鳥谷選手が抜け、福留選手が戦力外となり、糸井選手もベテランになる中で、強打の左打者として佐藤輝明選手の1位指名を決断した。抽選では巨人、福岡ソフトバンク、オリックスなど、先に指名を公表している3球団を相手にしたが、矢野監督がくじを引き当てた。

「もちろん阪神の中心選手っていうのは当たり前やし、大山がホームラン王争いしてくれるようなところまで今年、来てくれているし。球団内でホームラン争いをしてもらって、その先は日本を代表するバッターになって行ってくれる素材」と、佐藤選手の獲得を喜んだ。

佐藤選手はサードを守り、内野を希望している面もあるが、矢野監督は「うちで、はまるなら外野になってくる」と外野手としての起用を考えていることを明らかにした。伊藤選手、高山選手などが伸び悩む中で、近本選手、糸井選手と共に外野の一角になる。

「先に取られたりとか」

佐藤投手の獲得後、ドラフト2位以降の指名を行った。全体の指名が終わった後の矢野監督の採点は「かなり100点に近い」と話し、佐藤選手を獲得した割に点数は低かった。

支配下で7人を指名したが、全て大学社会人の選手となった。矢野監督は「高校生も魅力のある選手がいたんだけど、これも縁で。先に取られたり順位とかもあって」と話し、欲しかった高校生が先に指名されたことを示唆した。

阪神は2位で社会人で実績のある伊藤将司投手を指名。伊藤投手は3,4位での指名が予想された選手だが、左の先発投手も補強ポイントだったため、繰り上げて2位で指名したのはわかる。この時点で矢野監督のいう「魅力ある高校生」先に指名されたとすれば、花咲徳栄の井上朋也選手や、オリックスが2位で指名した中京の元謙太選手しかおらず、1位で佐藤選手が獲得できた事から、必ずしもほしかった選手とは言えなさそうだ。

問題は3位指名で、その前に巨人が中京大中京の中山礼都選手、ソフトバンクが日大藤沢の牧原巧汰捕手、中日が近江の土田龍空選手を指名した。阪神は3位で上武大の佐藤蓮投手を指名したが、佐藤選手もやや早めの指名になった印象だ。6位で中野拓夢 選手、7位で高寺望夢選手と内野手を指名している事から、中山選手か土田選手を3位で指名したかったものとみられる。

先にそちらを指名し、伊藤投手を3位、佐藤選手を4位でもよかったかなという思いも残っていたのかもしれない。ただし、その場合、伊藤投手や佐藤選手が獲得できなかった可能性もあり、4位の榮枝裕貴捕手も獲得ができなかったかもしれない。これも縁だろう。

佐藤選手と左の伊藤投手の指名ができ、来年の優勝に向けた戦力として期待できそうだ。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年ドラフト会議、12球団の採点
2020年ドラフト会議は、12球団は思惑通り指名をすることができたのか、12球団の指名の点数を付けてみます。 12球団のドラフト点数 オリッ クス ヤク ルト 日本 ハム 広島 楽天 DeNA 西武...
100点に近い サンケイスポーツ紙面 2020/10/27

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント