光星学院・北條史也選手、田村龍弘選手、プロ志望!東北楽天が評価!

光星学院, 田村龍弘, 北條史也

 光星学院の北條史也選手、田村龍弘選手がプロ志望届けを提出することが、日刊スポーツの調べでわかった。地元東北楽天などが2人を高く評価しているようだ。

 北條史也選手は夏の甲子園で2打席連続バックスクリーン弾など4本塁打を記録、高校通算25本塁打を記録しているスラッガーで遊撃手の守備も安定している。18U世界選手権では木製バットに苦しみ自分のバッティングを見失ってしまっていた。またアメリカ戦では敗戦に繋がる2つのエラーで苦い経験をしたものの、その試合までの守備は安定していた。

 まだ高校生で世界選手権の姿がそのままプロでの姿にはならない。プロのスカウトも夏の甲子園の活躍だけでなく、世界選手権の姿だけでなく、それまでのプレーを見ているので評価は変わらない。

 また田村龍弘選手は1年生の時から1試合3本塁打などスラッガーとして、また打率5割を超える天才的な打撃センスで注目され続けてきた。3年生となった今年の夏の甲子園でも19打数9安打7打点に2本塁打、また世界選手権でも木製バットで打率.364を記録し打撃だけならばプロでも即戦力となりそうだ。

 北條史也選手には地元東北楽天と巨人が高い評価をしており、東北楽天は1位か外れ1位での指名の可能性が高い。巨人は2位でスラッガーを探しており北條史也選手も候補の一人。しかしそこまで残っている可能性は少ないだろう。

 田村龍弘選手にも高い評価がされており、外れ1位か2位での指名が有力となっている。足はそれほど速くないが、広角に打ち分け長打も秘める青木宣親選手のようなバッターになれる選手だろう。

北條&田村、プロ志望届 - 日刊スポーツ紙面:2012/09/13

 


PAGE TOP