大体大・松葉貴大投手が通算28勝!阪神など11球団32人のスカウト集結!

松葉貴大, 大体大

 阪神大学リーグでは大体大vs関西国際大のライバル対決があり、大体大は左腕エースの松葉貴大投手が登板すると、3回にはホームランを浴び、7安打4四死球と毎回ランナーを許す展開となるも9回を完投して2失点と粘りを見せて5-2で勝利、リーグ通算28勝目を挙げた。

 7月に腰を痛め今シーズンは万全の体調というわけではなく、この日は「スライダーが抜けて決まらなかった」、と欲は無かったがそれでも2失点完投勝利を挙げる実力を見せた。

 この日はプロ11球団32人のスカウトが視察し、阪神・畑山スカウトは「調子がよくない中でも要所をうまくまとめている」と話すなど注目度は高い。昨年より中日、巨人などがドラフト上位候補としてマークしているなど大学生左腕としてはトップクラスの実力を持つ。8日にはプロ志望届けを提出し、ドラフト会議では2位以内で消えると思われる。

ドラ1候補の大体大・松葉、2失点完投 - デイリースポーツ:2012/09/16

 4季連続優勝を狙う大体大が先勝した。今秋ドラフト1位候補左腕の大体大・松葉貴大投手(4年・東洋大姫路)は7安打4四死球で毎回走者を背負いながら2失点完投。最速145キロをマークし今季2勝、大学通算28勝目を挙げた。「調子はよくなかったが、中盤からは持ち味のクロスファイヤーで攻めることができた」と振り返った。

 

 初回に失策絡みで先制点を許し、三回は先頭打者に被弾。「スライダーが抜けて曲がらなかった」と課題も残った。7月下旬からリーグ戦開幕1週間前まで疲労性の腰痛を抱えた。8日にプロ志望届を提出した後、初の登板を勝利で飾り「もう失点するわけにいかない」と決意を新たにした。11球団32人のスカウトが集結。阪神・畑山スカウトは「調子がよくない中でも要所をうまくまとめている」と話していた。


PAGE TOP