東北楽天・則本昂大投手に星野監督「使える。あまり投げさせるな」、その他ルーキーたちのニュース

北條史也, 宮崎敏郎, 則本昂大

 東北楽天でルーキーとして唯一1軍キャンプに参加しているドラフト2位・則本昂大投手、初日に則本投手のブルペンでのピッチングをみた星野監督が、佐藤コーチに「使える。あまり投げさせるな」と話し、マイペース調整をするように指示した。

 則本投手は最速154km/hの速球とキレのすばらしいスライダーで、昨年の大学日本選手権で1試合20奪三振を記録し、また明治神宮大会にもチームを出場させるなど活躍を見せていた。

 星野監督からマイペース指令がでたことで、開幕ローテーションかリリーフ候補に入ったのは確実、これから実戦で徐々に実績を残してゆけば、開幕1軍の可能性が出てきた。まあ、それくらいの実力はある投手だ。

 阪神の北條史也選手に巨人のスコアラーが「良い選手であることは分かっていましたがイキが良い選手ですね」と話し、評価を示した。打撃も守備もまじめに取り組み伸びる選手だと思う。

 横浜DeNAドラフト6位の宮崎敏郎選手が持ち前の強打を発揮している。宮崎敏郎選手は172cmと小柄ながら長打が魅力で、昨年の都市対抗1回戦・日本通運戦では8回に逆転3ランホームランを放ち勝利に貢献している。

 フリー打撃でも右方向に鋭い打球を飛ばし、宮崎選手は「打撃が持ち味なので結果を残したい」と話す。右の大砲として期待したい。

 

 星野監督はキャンプ初日にブルペンで則本の投球を見た瞬間、佐藤投手コーチに歩み寄り「使える。あまり投げさせるな」と耳打ち。通常ならばアピールが必要な新人に対し、故障防止のためベテランのような「マイペース指令」を出した。この日も指揮官は「アピールしていけば先発ローテに入るかもな」と高く評価した。

 

 「このフォームでプロでも勝負したい。頑張ります」。近日中にはフリー打撃に登板する予定。打者相手の投球で、さらに評価を上げる。

 阪神のドラフト2位・北條(光星学院)は「坂本打法」だ。高校の先輩の巨人・坂本譲りの一本足打法からのフルスイングが武器。

 

 4日、2軍の安芸キャンプを視察した巨人の香坂英典編成調査室長は「坂本は入って来た時からミート力、芯に当てるのがうまかった。(北條も)良い選手であることは分かっていましたがイキが良い選手ですね」と潜在能力を評価した。

 DeNAのドラフト6位・宮崎(セガサミー)は、構えた際のグリップが低く、「こんにゃく打法」と呼ばれた侍ジャパンの梨田野手総合コーチの現役時代のフォームに似ている。

 

 1メートル72と小柄だが、握力90キロとリストが強く逆方向の右中間に軽々と打ち返す。宮崎は「打撃が持ち味なので結果を残したい」と開幕1軍入りに向け、気合を入れていた。


PAGE TOP